昨日に続きまして、水耐性の高い猫であります。 台所での猫のいたずら所業を見かねて、飼い主が取り出だしたるは昔懐かし、縁日売ってた緑の水鉄砲。水を怖がるはずの猫に向けて撃てば改心するはず、そんな風に思っていた時期が俺にもありました的展開を動画にてご確認ください。
今どきどこで手に入るのかと、郷愁を感じざるを得ない清く正しい縁日の水鉄砲。いたずら猫のWooten君は、緑の銃口を向けられ危機一髪。ところが、逃げるどころか水鉄砲に自ら手を掛け、銃口を自分の口の前へ誘導しております。「指を銃口に突っ込んだまま発砲すると暴発する」というマスターキートンも指摘するよくある誤解を実行しようとしたのかと思いきやそうではなく、そのまま水を撃たれると、うれしそうに舌をペロペロ。 どうやら、お叱りタイムではなく、給水タイムだと思っているようで、この暑さの盛りにこまめな水分補給を啓発するかのような動画に仕上がっております。ACは熱中症対策CMのキャラクターとして、Wootenにオファーすべきなのではないかとさえ思われます。 [Funny cat likes water gun/YouTube]

【関連記事】
水満ちるプールに浮かび余裕綽々、猫は泳ぐよカワウソのごとく
涼しげな枕に凭れて胸元の、猫毛は揺れる夏のお昼寝
足裏に見つけた猫の秘密のスイッチ、どうしたわけだか舌が飛び出る

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「水鉄砲でお仕置き受けるいたずら猫、もっと撃てよと逆効果に