坐禅初心者に指南する猫、心の乱れは猫分補給で 関東地方もようやく梅雨明けしまして、「昨年差:30日遅い」などというのを見ますと、ことしのあのジメジメシトシト冷え冷えの間、去年はずっと暑かったのかと気付き「今年はなんとかなるかな」とか一瞬でも思った自分を警策でバッチーンと遣りたくなる暑さですが、皆様お気を確かにお持ちでしょうか。 そんなことはさておいて、水分塩分鉄分とともに、暑い最中も、厳冬の折にも、坐禅の合間には適切な猫分補給が必要だと分かる啓発動画がありましたので、涼しいところでごゆるりとご覧ください。

THE庵といったたたずまいの小屋にて、「初心者」と力強く書かれた半紙を背に、坐禅を組む僧形の御仁。心静かに法界定印を組んで座ること約1分。1分24秒ごろ、鈴を持っておりますと、どこからともなく目の前にやって来たるは猫の姿に身を変えた道元禅師。僧の脳内には、雪に囲まれた永平寺の山門が目の前に投射されているはずであります。道元禅師のありがたいお姿に、思わず合掌し、頭を深々と下げるのは必然と言えましょう。ドサクサに紛れて猫のお尻をさわさわしてしまうのも、また必然なのであります。 水分塩分鉄分猫分の補給をたゆまぬようにと諭された、キジトラ道元禅師。その言葉に従って、修行の帰り道には、京福電気鉄道永平寺線の廃線跡をハイクする旅に出かけたものと察せられます。 [FZDk2iSgs3k/YouTube]

【関連記事】
お手製のホットドッグを食べる猫、ホットドッグを身にまとい
外から中から享楽三昧、IKEAのプレイトンネルに夢中な猫たち
繰り返すふんわりソフトな肉球タッチ、起きない飼い主起こすべく

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「坐禅初心者に指南する猫、心の乱れは猫分補給で