タイミングはバッチリでしたが、結果は伴いませんでした。
ケーブル通しの穴に、ケーブルを通したい。でも手が届かない。ああ、こんなときに反対側に手があったら…。そう思わざるを得ない状況下で、颯爽と現れた黒猫の手。最近影が薄くなってきたLightningケーブルを、猫爪で見事に掴み、さっと上方へ導くものとばかり思われましたが、そこは猫のやることであります。タイミング良く出てきて動画に収められただけで、よしとするほかありません。 [Cat Helper: DYI Wiring/YouTube]

【関連記事】
発泡ポリエチレンの鎧をまとう猫、足取り軽くご満悦
案の定3歩進んで2歩下がる、猫と一緒のベッドメイク
猫専用の鏡の迷路、アラフォーの心をなぜかくすぐる

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「猫の手も借りたい瞬間出てきた猫、健闘するも手助けには至らず