ここまで堂々とされていると、こっちが恥ずかしくなるレベルであります。 全力で寄り添う、三毛と黒のラブラブっぷりをご覧になり、ほっこり甘酸っぱい気持ちを思い起こしていただければ幸いです。
寝床へとカメラが向かうシーンを見ているだけで、「おはよーございます」と声をひそめたマーシーの姿が脳内に映し出されるのは、昭和生まれの逃れられぬ定めでしょうか。そこにあるのは飲みかけの缶ジュースではなく、鼻黒三毛と黒猫の寄り添う姿。近寄るカメラに三毛は動じずニオイを嗅ぐだけ。それに横たう黒猫はカメラに向かって眠そうな視線を送るだけ。 撮影の始終、これっぽっちも離れることなく、互いの温もりを感じ続ける幸せな時間にひたっている姿は、まったくもって微笑ましく羨ましい次第であります。 [Cute cats posing for the camera!/YouTube]

【関連記事】
背中合わせの眠り猫、温もり伝うも姿は見えず
窓際から屋根へと三毛猫大ジャンプ、空に浮かぶよ美しき姿
道端の猫と眺める散り桜、吹雪く桜に誰もが春めき

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「突然に迫るカメラに動じぬ猫、睦まじき様を世界に見せつけ