上の画像だけ見ると「おう、ちょっと待ったらんかい、自分」的な雰囲気ですが、平和な動画です。
共に暮らすモフモフの茶猫さんと、コーギーのValerieちゃん。やんちゃな子犬

に遊ぼうとせがまれて迷惑がる猫という典型的なシチュエーションのように見えますが、茶猫はこの家ではセンパイで、面倒くさいながらもなんだかんだといいつつ、後輩をかわいがってしまうのであります。 周囲をはしゃぎ回るコーギーに猫パンチを食らわせて、相撲部屋的かわいがりかと思いきや、首を押さえて口元喉元鼻先をペロペロと丁寧に毛づくろい。23秒ごろに見られますコーギーの顔がその心地よさを伝えております。 何度かそんなやりとりが続いていくうちに「遊ぼうよ!」モードだったはずのValerieちゃんが、いつしか「ペロペロお願いします」モードへと変わっていく様子も、大変微笑ましいものであります。猫の偉大さを再認識させる動画でありました。 [Cat and dog – massage/YouTube]

【関連記事】
立ち上る蒸気を怪しみ掴もうと、猫は直立二本の脚で
7匹で1匹支える猫サンド、社会保障の風刺動画みたいに
置物猫の無言の行に完敗する猫、気圧されわななき腰抜かす

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「コーギーの熱い要望にお応えする猫、喉笛甘噛みからの毛づくろい