静止画にこだわるから、その美しさが写し取れないのです。 なんだかもっともらしい書き出しですが、なんのことはありません。「黒猫は写真写りがよくないから捨てる」とかなんとかのたまう人がいたら、それアンタの写真の腕が足りないか、捨てる理由を後付けしとるだけやないかーい(ルネッサーンス)と突っ込むためにも、黒猫をきれいに記録する方法をと検索した結果、これがいいんではないかと提案する次第であります。というわけでご覧頂きましょう、黒猫スローモーションです。
このあくびシーンを写真に収めようとすると、フラッシュを焚かないと黒の毛並みの陰影が出なかったり、ブレブレだったりして、こんなにかわいいのに伝わらないなどといったフラストレーションがたまるわけですが、そこでスローモーションモードで撮影すると、あら不思議。顔も瞳もきれいに残せて、じっくり見ても飽きないうえに、きれいに映ったところでキャプチャを撮れば静止画にもなるという寸法です。 どうも写真だとイマイチだとお悩みの方は、一度お試しあれ。 [黒猫の大あくび (スローモーション)/YouTube]

【関連記事】
テレビに向かって全力攻撃する猫、その標的にはあの人の顔が
寝姿耐久猫カゴダービー、1着本命2着は混迷
見知らぬ人の胸に抱かれ疾走する猫、保護され新しい家族の元へ

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「黒猫撮影失敗防止に、写真ではなくスローモーションを