本物と見まごうというか、もうこっちが本物でもいいんじゃないかレベルです。 先日、Appleらしからぬユーザーの期待に応えた新製品ラインナップのなかに、iPad Proも含まれておりまして、あの充電するとカブトガニにメタモルフォーゼするApple Pencilにも新バージョンが登場しました。もちろん新しいほうがいいんですが、まもなく旧タイプになるApple Pencil&iPad Proでも、描き手のスキルがあればここまでできることが伝わる猫絵画をご覧いただきまして、新製品を真っ先にゲットするか、値崩れした旧製品を買うか、参考にしていただけましたら幸いです。
タイのイラストレーター、An WeerayaさんのYouTubeチャンネルにアップされましたのは、彼女の手によるリアルリスティックな猫絵画ができるまで。12日間の作業を12分47秒にまとめた映像です。冒頭の猫の目と猫の鼻ができるまでの数分で、技量が伝わって参ります。じーっと筆先を見ておりますと、猫毛並みを描いているというよりも、猫の毛を1本1本植えているように見えてくる、不思議な感覚が味わえますので、ボーッとしたい日曜には最適です。 An Weerayaさんの作品はYouTubeチャンネルのほか、Instagramでもご覧いただけます。 [Realistic Painting Cat | Ipad art : Procreate/YouTube]

【関連記事】
「遊びたい」と「温もりたい」を両立する猫、目付きは鋭く動きはやんわり
ベンチプレスで筋トレする猫、鍛えるところは人と異なり
フェネックを寸止めパンチで迎撃する猫、盗難被害を最小限に抑制

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「目を奪われるその緻密さに、iPad ProとApple Pencilで描く猫の顔