これはお互いの幸せのために、よろしかろうと思われます。 そこに暗くて狭い天袋があれば、そこに温いおふとぅんがあれば、襖を開けるなんて赤子の手を捻るようなもの。全国各地の器用な猫と暮らす皆さまに、お役立ちHow To動画をご紹介。
襖にもいろいろありますが、開けて欲しくない襖もあろうかと思います。ともに暮らす茶白猫・ヒヨリさんの動画をアップしている、YouTubeチャンネル「ヒヨリどんの猫日和」で見つけましたのがこちらの動画。あの襖の奥にあるのは、お客さん用のお布団。普段は家人が使ってないんだから、僕が使ってもいいんじゃね?というロジックか、襖を自ら開けて入りこんでしまうのだそうです。そこで飼い主さんが編み出したのが「開けるときに肉球が触れる箇所に、両面テープを貼りつける」という方法。 さーて今日も襖を開けようと、猫が手を掛けるとベッタベタ。違和感を覚えつつ何度かトライしますが、結局諦めて退散。翌日も再トライしますが、やっぱり肉球の違和感は抗しがたく、とうとう3日目にはこの場所に立ち寄らなくなったそうです。もしお困りの方がありましたら、猫と人とのお互いの幸せのためにご活用ください。ひよりさんの日常は、YouTubeチャンネルのほか、公式ブログでもご覧になれます。 [猫が押し入れの襖を開けて中に入らせなくする方法/YouTube]

【関連記事】
猫用サイズの職人MADE、あのネコ家具がふるさと納税の返礼品に
イタリー製の手作りフェルト猫ベッド、人魂ならぬ猫魂デザイン
秋空の下で一緒にお出かけ気分、リアルな質感の猫のカチューシャ

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「押し入れの襖を開けちゃう猫対策、両面テープが効果覿面