ふさふさや傘に飛び込む猫の尾と、丸まるカラダは組んずほぐれつ。 つい先日、傘を床に置いておくと勝手に猫が入ってくる「#傘猫」トレンドが観測されました。エア雨宿りする猫の姿にほっこりとした方も多かろうと思いますが、あの傘を逆さまにしたらどうなるのか。打って変わって猫大興奮であります。
動画に登場するのは、ハンモックで寝転んだり、池の鯉と遊ぶ猫として知られる、おなじみのTIMO君。ゼブラ柄の折りたたみ傘を逆さま置きしたところ、雨宿るどころか助走を付けて飛び込みはじめております。床をツーと滑るのも、捉えようとすればクルクル回るのも、すべてがTIMOの琴線に触れるらしく、下手な猫オモチャよりも楽しそうなオモチャであります。 全国各地の傘メーカーにおかれましては、猫が引っかいても跳び乗っても壊れず、骨に猫爪が引っかからない、コウモリ傘型猫オモチャ開発機運を高めていただければ幸いです。 [Timo the Cat slide on umbrella/YouTube]

【関連記事】
回転中のテーブル華麗に乗りこなす猫、意図せずリンゴをレッグスルー
極上の癒やしの猫スパマッサージ、揉まれる猫は眠りの世界へ
運休の電車の代わりに走ってほしい、寛ぎ車両の猫トレイン

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「流行の傘猫のいわば逆さま版、猫は興奮ワイルドモードに