埋めるべくもない体格差によって、一蹴されております。 心地よく惚けた顔でおねむ中のゴールデンレトリバー。その傍らには、エネルギーにあふれる子猫。どうやら一緒に遊んで欲しいようです。子猫が選んだ実力行使をご覧いただきましょう。
無慈悲な鉄槌ばりの容赦ない攻撃ですが、米朝レベルの体格差から、その効果は限定的。至近距離から発射された子猫の牙型ICBMが、ワンコのマズルに命中しますが、迎撃システム前脚2号が子猫本体を捕捉して一蹴。子猫のほうも、容赦ない反撃にもめげず、次から次へとカミカミ攻撃を繰り出すものの、最後は、太い腕に振り回されて万事休す。怒らずに相手をして上げたワンコの貫禄勝ちとなりました。 [Kitten Playfully Bites Sleeping Dog – 959350-1/YouTube via Tastefully Offensive

【関連記事】
一瞬の隙も見せない見事な早業、仁義無き猫のちぐらの争奪戦
人参大根ガジガジする猫、よく見りゃ布製猫オモチャ
書類棚に立てこもる猫とカメラの攻防、にらみ合いつつ平和な空気に

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「気持ちよく眠った犬を起こす猫、実力行使は失敗に終わる