我が家の盲目の猫も、遊ぶときはこんな感じであります。 生まれつき目が見えないという、キジトラ猫のイクラさん。音の出るおもちゃなら、こんな風に、目の見える猫とおんなじように、はしゃいで遊んで取ってこいもしてくれる、その雄姿をご覧ください。
目は見えなくとも、音と振動でおもちゃの位置を察知。投げられたら一目散に捉えに走っております。おもちゃが動かないと、音がしないため、他のものを代わりに持ってきちゃったりすることもありますが、お腹を揺らして投げたおもちゃを咥えて来るときの、そのやってやった感満載のドヤ顔には、誇らしさがあふれております。えらいぞ、よくやったと、動画を見ながら脳内に賛辞が渦巻くのであります。 動画をアップされた、patanandesuさんのYouTubeチャンネルには、イクラさんと同居するエビさんの、日々の様子がたくさんアップされています。仲良く暮らす2匹の様子も、ぜひ合わせてご覧あれ。 [盲目の猫#40 IKURA the blind cat/YouTube]

【関連記事】
猫本書評:猫にとって家は”都市”。都市計画も猫視点で
猫一色の『建築知識』2月号、今度のテーマは猫が長生きする住まい
昨年の飼育頭数推計値、猫が初めて犬を超える

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「鈴のおもちゃで行って来い、シッポを立ててやんちゃに遊ぶ盲目の猫