伸びて捻って屈めてと、数段階のメタモルフォーゼを決めています。 ten miginikuroiさんのYouTubeチャンネルにアップされたのは、真っ白な体に、ワンポイントの黒模様がチャーミングなテンちゃんの動画。お母さんの膝上で、どうしても眠りたいようであります。
「テンちゃん、重たい」と声を掛けられて、ピクッと目を覚ます熟睡中の猫。お母さんの説得にもかかわらず、体の向きはそのままに、顔の向きを変えるだけという消極的な寝返りで、膝上を実効支配しております。膝の間に落下させられるものの、その隙間を埋めんと自ら体を屈めて、その場所は譲らない姿勢をアピール。とうとう向こうずねを枕に睡眠態勢に移行しますが、お母さんの気遣いにより床寝モードへ。テンちゃんに気を遣うのがうれしそうな、そんな裏腹な気持ちがかいま見える動画でありました。 [どうしても私に乗って寝たい猫2/YouTube]

【関連記事】
新年の運勢占う福猫レース、隙を突かれて1位を逃す
懐かしの猫転送装置は今も健在、時を越えても吸引力は変わらず
颯爽とお馬の背中に乗った猫、手綱も使わず乗りこなし

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「母ちゃんの膝上を占拠したい猫、捻って屈めて隙間に収まり