犬に好かれる人の特徴その1 「穏やかな雰囲気で、しつこくなくあっさりしている」

Happy dog with woman

archimede/shutterstock.com

犬はちょこまかと動く人のところにはあまり近寄って行きません。

話しているときに身振り手振りが大きい人にも近寄っていかないので、落ち着いて低い声でゆっくりと話していると犬は安心して近付いて来てくれます。

犬が近付いて来ても、犬のしたいようにさせて、あまりしつこく触ったり撫でたりせずにあっさりとしている方が犬から近付いて来てくれますよ。

犬に好かれる人の特徴その2 「犬が嫌がることをしない」

当たり前といえば当たり前ですが、犬が嫌がることを前もって知っている、もしくは犬の反応をきちんと見て、嫌がっている素振りを感じたらすぐに止めることが出来る人には、犬の方から距離を縮めて来てくれます。

犬はすぐに抱き上げられたり、頭を撫でられることが嫌いです。

前もって知識が無くても、犬の行動を観察することで、犬の気持ちを察してあげられると良いですね!

犬に好かれる人の特徴その3 「犬を取り巻く人の中でボスである」

four dogs sitting in the Park

Ekaterina Brusnika/shutterstock.com

犬は主従関係をはっきり理解して行動します。

その為、犬を取り巻く人々の中で、誰がボスであるかもちゃんと分かって行動しているんですね。

家族であれば、お父さんには近付いていくような感じです。

きっと犬同士のお友達の中でも、誰がボスなのかを見抜いて近寄って行っているかもしれません。

是非観察してみてくださいね!

犬に好かれる人の特徴その4 「犬中心で行動することなく、マイペースで居る」

Funny pet dog playing with orange toy ball

alexei_tm/shutterstock.com

犬は意外と人に合わせてくれている部分があるので、犬にべったりではなく、マイペースに行動している人に近付いていきます。

犬が興味を持って近付いて来たら、その時にやっと手を差し出すくらいがちょうど良いのかもしれません。

犬が興味を持っていない時に声をかけたり、目をみつめたり、触るのは嫌われてしまうかもしれないので、我慢した方が良いですね!

犬が好きな人は、犬に声を掛けたり触れたくなりますよね。

でも、犬に好かれる為には、最初はグッと我慢して、犬に好かれる落ち着いた雰囲気を作ってみてください!

 犬に好かれる特徴その5「犬が苦手なファッションは避け、しっかり顔を見せる」

犬は人の表情をよく見ています。

帽子、サングラス、マスクは、犬が嫌いなアイテムです。

また犬は黒色が認識しにくいようです。

ファッションはそれぞれの人の個性であって好みでいいのですが、全身黒ずくめの服装の人が犬を撫でしょうといきなり手を出したりすると、犬は何もない空間から突然にぬっと手が出てきたようで驚いてしまいます。

犬に好かれるためにはダークカラーではない装いをし、特徴を犬に覚えてもらうためにも顔がはっきり見えるようにしましょう。

強い匂いはたとえ良い香りでも人の1万倍の嗅覚を持つ犬にはつらいもの。

硬水などはつけないほうが良いでしょう。

情報提供元:mofmo
記事名:「【犬に好かれよう!】なぜか犬に好かれる人の4つの特徴!