愛犬を綺麗にする時、人間用のシャンプーを使ってもいいの?

シャンプー

Nomad_Soul/shutterstock.com

自宅で愛犬をシャンプーするとき、犬用シャンプーを使っていますか?

人間用のシャンプーや石鹸を使っている方、多いのではないでしょうか?

犬に人間用のシャンプーや石鹸を使うことは大丈夫なのでしょうか?

犬の皮膚と人間の皮膚の違い

その理由を知るためにも、まずは犬の皮膚と人間の皮膚の違いを見てみましょう。

犬と人間では皮膚の薄さが違います。

人間の皮膚は暑くて丈夫ですが、犬の皮膚は人間の数分の1の薄さだといわれています。

想像できると思いますが、犬の皮膚は人間に比べたらずっとデリケートで刺激にも敏感です。

他にも犬と人間の違いはph(ペーハー)です。

人間の皮膚のph値は5.0~6.5という弱酸性です。

それに対して犬の皮膚はph値が6.2~8.6と中性から弱アルカリ性なのです。

ですから人間用のシャンプーや石鹸は犬の皮膚には刺激になったりします。

ですから肌に触れるシャンプーや石鹸も成分も合ったものの方がいいでしょう。

犬用シャンプーと人間用シャンプーの違い

Bathing of the yellow labrador retriever. Happiness dog taking a bubble bath.

Jaromir Chalabala/shutterstock.com

犬用シャンプーも人間用も、基本的な成分は変わりありません。 水や洗浄成分、保湿成分などが含まれています。

では、次の犬用シャンプーと人間用シャンプー、石鹸の違いはなんでしょうか?

犬用のシャンプーには成分表示の義務がありません。 表示したい成分だけが表示されている、ということだってあるのです。中には、食器洗い洗剤と同じ成分のものあったりします。

人間用のシャンプーはどうでしょうか?

人間用のシャンプーは人間の頭に使う目的で使われているので、脱脂力があり髪の毛につやを与えたり手触りをよくするためのコーティング剤(シリコン)が含まれています。

最近は、シリコンフリーというシャンプーもたくさん販売されていますが、保存料や香料などの添加物が多く含まれています。

人間の使う石鹸に至っては、抗菌剤が含まれていますね。

犬に人間用シャンプーは使っても良い?

では、犬に人間用のシャンプーを使うことは良いのでしょうか? ここまで見てきたら、犬に人間用のシャンプーを使わない方がいいのではないか?と思われるかもしれません。

しかし良い点もあります。

上述したように犬用のシャンプーは成分表示が義務ではないので、実際のところ何が含まれているのかわからない不安があるかもしれません。 実際、食器洗剤と同じ成分が入っている犬用シャンプーがあったりします。

しかし、人間用シャンプーなら全成分表示されているので、原材料を確認できるというメリットがあります。 またph値が違ったとしても、普通でしたら自然と本来のph値に戻ります。

犬によっては、人間用のシャンプーを使っても問題のない場合もありますし、毛並みがよくなったという場合もあります。

犬に人間用シャンプーは使わない方が良い?

犬 シャンプー

O_Lypa/shutterstock.com

では、人間用のシャンプーを使っても良いのでしょうか?

人間と犬の皮膚の厚さが違うため、添加物の含まれた人間用のシャンプーは犬には刺激が強いのは事実です。

洗浄力と脱脂力が強いので、使っていると皮膚トラブルを起こしかねません。 乾燥したり湿疹や皮膚炎、また被毛の状態が悪くなることもあります。

人間用や犬用にこだわらず、愛犬にあったシャンプーや石鹸を選ぼう

このように、一概に人間用のシャンプーや石鹸が悪いとも良いとも言えないことが分かったでしょうか?

犬用シャンプーであっても、愛犬の皮膚に合わなければ、肌トラブルになってしまいます。

ですから、人間用犬用にこだわらず愛犬に合ったものを選びましょう。

使ってみて皮膚トラブルがあった時は使用をやめましょうね。 肌の調子によっても変わってくることでしょう。

犬用のシャンプーを知ろう!

情報提供元:mofmo
記事名:「犬に人間用のシャンプーや石鹸は使っちゃダメ?その理由も解説!