犬にライチを与えても問題ない?

ライチを食べたそうに見る犬

chettarin/shutterstock.com

ライチは濃赤の皮に覆われていて、中は白くて柔らかい果肉が詰まっています。プリプリとした食感と、みずみずしい甘みが何とも美味しいフルーツです。中国やインド、アメリカなどで主に生産されており、日本では輸入されたものを手に入れることがほとんどですが、わずかながら沖縄や鹿児島、宮崎県などでも栽培されています。

夏場になると出回る機会が多く、最近では冷凍されたライチも多く出回っているので、暑い夏の水分補給やクールダウンを目的として食される方も多いかもしれません。飼い主が食べていると愛犬も食べたそうに見つめてくることがありますが、ライチは犬が食べても大丈夫なフルーツの一つなので、与えても問題はありません。

ライチを犬に与える時は、硬い皮を剥いて果肉の部分だけ与えるようにしましょう。果肉の中心には大きい種が入っています。種は消化に良くないので、果肉を丸ごと与えないように種をきちんと取り除いたものを与えるようにしてください。

犬にライチを与えてもいい量

ライチ

akepong srichaichana/shutterstock.com

ライチはみずみずしくて甘いので、甘味だけは感じることができる犬は喜んで食べたがるかもしれません。しかし、ライチは与え過ぎると「ライチ病」と呼ばれる低血糖症状を引き起こすことがあるので注意が必要です。適量をきちんと守って与えるようにしましょう。

犬にとっての適量は、犬種や犬の体重によって異なります。では、犬の体重別に与えていいライチの適量を取り上げてみましょう。

超小型犬の場合

超小型犬とは体重が4kg未満の犬種のことで、トイプードルやポメラニアン、チワワ、豆柴、ヨークシャーテリアやマルチーズといった犬がその中に含まれます。超小型犬にはライチ1個の1/4から1/2程度を上限にしましょう。

小型犬の場合

小型犬とは体重が10kg以下の犬のことをいいます。パグやミニチュアダックスフンド、ボストンテリア、シーズーや柴犬といった犬種です。小型犬には15g程度を上限に与えることができます。輸入された海外産ライチの1個が約15g程度なので、それを目安にできます。

中型犬の場合

中型犬は体重が25kg以下の犬種のことで、ブルドッグやビーグル、ボーダーコリー、バセットハウンドや日本スピッツといった犬が含まれます。中型犬はライチ1,2個程度を目安に与えるようにしましょう。

大型犬の場合

体重が25kg以上の犬種を大型犬といいます。レトリーバーやダルメシアン、ボクサー、セントバーナード、ドーベルマン、ラフコリーやシベリアンハスキーといった犬種が含まれます。大型犬にはライチ2,3個までを上限にして与えるようにしてください。

子犬の場合は注意が必要

子犬にライチを与える時は特に注意が必要です。子犬は成犬と比べて消化器官がまだ発達していないため、ちょっとしたことで嘔吐や下痢など消化不良を起こしてしまうことがあります。子犬にライチを与える時は体重に関わらず「ごく少量」だけにするか、もしくは与えない方が安全でしょう。

犬にライチを与えることで期待できる効果

ライチに含まれる主な栄養成分は葉酸、ビタミンC、カリウムです。また、ロイコシアニジンと呼ばれるポリフェノールの一種も含まれています。

葉酸はビタミンB群の一種で、赤血球を作る働きや細胞の生成をする働きがあります。よく人間では妊娠中や妊活中の人が摂った方がいい栄養素として知られていますが、犬の場合も普段の食事からはなかなか摂取できない栄養素であるため、不足しないよう補うのに役立つでしょう。

ビタミンCやロイコシアニジンには活性酸素を抑える抗酸化作用の働きや、免疫力を向上させる働きがあります。体の調子を整えて老化を防止したり、病気への抵抗力を強めたりするのに役立ちます。また、ビタミンCにはコラーゲンを生成する働きもあるので、関節炎を患っている犬にも効果を期待できるでしょう。

犬にライチを与えるときの注意点

ライチは皮と種を剥いてから

Subbotina Anna/shutterstock.com

ライチには「ヒポグリシン」と呼ばれる植物性自然毒が含まれています。特に未成熟のライチに多く含まれており、これがいわゆる「ライチ病」と呼ばれる低血糖症状を引き起こす要因となります。

ですから、犬にライチを与える時は「完熟した」ものを与えること、一度にたくさん与え過ぎないこと、そして空腹時は避けて与えることを守って与えるようにしてください。

市販されているライチや冷凍ライチは未成熟のものはほとんどないと思いますが、もしライチの木を植えているご家庭があれば、愛犬が盗み食いをしてしまわないようによく注意しましょう。

また、冷凍されたライチを与える時はしっかり解凍したものを与えるようにしてください。解凍直後のライチは冷たいので、すぐに与えるとお腹を壊してしまう原因ともなります。

どの食べ物を与える際にも同じことが言えますが、すべての犬にとってライチが安全安心ということはありません。中には特定の食材にアレルギーを持つ犬もいるので、もしライチを食べた後で体調に変化が見られるような時は、獣医師に見てもらうようにしてください。

ライチジュースやライチゼリーは与えても問題ない?

市販されているライチジュースやライチゼリーには砂糖や塩、香料などが使用されています。そうした加工品は人間の体の大きさに合わせた成分量なので、犬の健康にはよくありません。犬には与えないようにしましょう。

情報提供元:mofmo
記事名:「犬にライチはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!