猫に焼き芋を与えても問題ない?

焼き芋

K321/shutterstock.com

焼き芋はとても栄養豊富な食べ物です。人間だけではなく、猫にとっても嬉しい栄養素がたくさん含まれています。焼き芋の原料であるさつま芋には、猫に害となる成分が含まれていません。また、特に焼くことで有害な成分が出てくるわけでもありません。ですから、猫に焼き芋を与えても問題はありません。

ビタミンCや食物繊維など猫にとっても有益な栄養が含まれているので、与える量に気をつければ猫にとっても有益な食べ物と言えます。また、アレルギーが出ることが少ない食品なので安心して猫に与えることができます。

猫に焼き芋を与えてもいい量

猫の年齢や体重によって必要な栄養摂取量が変わってきます。よって、焼き芋を与えてもいい量は猫の年齢や体重によって変わってきます。

猫は元々肉食の動物です。なので、焼き芋などの野菜類を与える場合はキャットフードなどの肉類とブレンドして与える方が効果的です。

子猫の場合

生後12ヶ月未満の子猫の場合は消化器官が発達していません。生後8ヶ月くらいまでは焼き芋を与えない方がいいかもしれません。生後8ヶ月以降の子猫の場合は、肉類7:焼き芋3の割合で与えることができます。

成猫の場合

生後12ヶ月から7歳までの成猫の場合は肉類6:焼き芋4の割合です。肉類を120g与えた場合に焼き芋を40g混ぜて与えることができます。

老猫の場合

生後7歳以上の老猫の場合は、肉類5:焼き芋5の割合で与えることができます。ただ、老猫の場合は消化器官が弱ってきていますので、猫によってはもう少し少なめの方がいい場合もあります。

また、持病のある猫の場合は持病が悪化する可能性もあるので、飼い主が与える量を調整してあげてください。

猫に焼き芋を与えることで期待できる効果

焼いた芋のにおいをかぐ猫

Ks7794/shutterstock.com

猫に必要な栄養素は炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル、水分です。焼き芋にはこの栄養素がバランスよく含まれているので、猫にとって最適のおやつと言えます。

さつまいもの皮にはビタミンC抗がん物質が多く含まれています。ですから、猫に焼き芋を与える際は皮を取らずに皮ごと与えることで、このような栄養を摂取できることを期待できます。これらの栄養素は、がん予防や高血圧の予防効果を期待できます。

焼き芋には食物繊維も多く含まれています。食物繊維はさつまいもを焼くことによって増やすことができます。整腸作用を期待できるので、便秘の解消や舐めた毛からおこる毛球症を予防することができます。

猫に焼き芋を与えるときの注意点

猫にとってバランスの良い栄養が取れる焼き芋ですが、与えすぎるとカロリーオーバーになる可能性があるので注意が必要です。特に、焼き芋に含まれる炭水化物は糖質と言われ、取り過ぎると肥満や糖尿病になる危険性があります。

また、カリウムが多く含まれているので腎臓などに疾患がある猫には与えないでください。カリウム中毒を起こしてしまう危険があります。

焼き芋はアレルギーが起こりにくい食品です。でも、たまに芋アレルギーの猫もいます。初めて焼き芋を与える際には、まず少量を与えてください。そのあと、アレルギー症状が出ないかをチェックしてください。

また、与える際には塩などの味付けは絶対にしないでください。猫にとっては人間の味付けは塩分過多です。また、高血圧などの病気の原因になります。

スイートポテトや干し芋は与えても問題ない?

干し芋

xuanhuongho/shutterstock.com

焼き芋と同じさつま芋からできているスイートポテトは猫には与えないでください。作る際に砂糖やバター、卵などを加えています。砂糖を猫が摂り過ぎると糖尿病の危険が高まります。

バターは脂肪分がとても多く、猫にとってはカロリーが高い食品です。また、乳製品なので乳製品アレルギーの猫はアレルギーを発症することがあるため注意が必要です。卵もアレルギー食品なので、やはり注意が必要です。なので、スイートポテトは猫には絶対に与えないでください。

干し芋は、焼き芋と同じで量に注意すれば猫に与えても問題ありません。干し芋は焼き芋に比べて炭水化物が濃縮しています。猫に大量に与えてしまうと消化不良を起こす危険があります。与える量には注意してください。

干し芋の中には、砂糖や添加物が加えられているものがあります。そうしたものは猫の健康に害を与える危険があります。猫に干し芋を与える際には、そうしたものが加えてられてない物を少量、おやつ程度に与えてください。

情報提供元:mofmo
記事名:「猫に焼き芋はOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!