犬が近づいてきてくれない!?

飼い主に近づこうとしない犬

Marina Ielma/shutterstock.com

犬は名前を呼ぶと尻尾を振りながら近づいてくるというイメージがありますが、犬によっては、あるいは家庭によっては呼びかけに応じてくれないということがあるようです。多くの人は以下のコメントにあるような経験をしたことがあるんじゃないでしょうか?

「親族の集まりで毎度、犬を親戚が連れてきてくれるのですが。もう3〜4年は飼っていて、いつも皆顔見知りで犬のことを皆が可愛がっていますし、犬も皆の膝の上に乗り、しっぽも振るし、遊んでとアピールし甘えんぼうな可愛いチワワです。しかし、最近、かわいいかわいいとは声をかけている義理の母にだけは近づかないのに気がついてしまいました。」(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13114288673)

「おいでと言っても来ない犬、だっこしようと手を出すと逃げる。どうしたらいいですか?」(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1062161660)

このように必ずしも「おいで」の声に応じてくれるわけではありません。また可愛がっているはずの飼い主に気軽に応じてくれるわけでもありません。このような場合、飼い主は「犬に愛情を示しているのに愛情を示されない」と感じるかもしれません。少し寂しいことですが、こういう状況が生じてしまうのはなぜなのでしょうか?この記事では犬が近づいてきてくれない理由について解説したいと思います。

犬が寄ってこない場合に考えられること

怖がってテーブルの下に隠れている犬

evgengerasimovich/shutterstock.com

犬が呼んでもなかなか来てくれない場合に考えられる理由は様々にあります。代表的なものをいくつかあげてみましょう。

犬が寄ってこない理由1:怖がっている

すでに人に飼われている犬の場合、犬の人への警戒心は薄くなっています。そのためこちらから近づかなくても向こうから近づいてくることが少なくありません。それにも関わらず犬が特定の人物に寄り付かないのであれば、その人を怖がっているからかもしれません。

仮にあからさまに犬をいじめているわけではないとしても、その人の特定の行動が犬にとって嫌なものであれば、その人は犬にとって「いじめっ子」として映るかもしれません。これは飼い主にも言えることです。

例えば飼い主が犬を褒めているとしても、首に腕を回して首を絞めているような行動をしていれば犬は嫌がる可能性があります。あるいは散歩の時にいっぱい褒めているとしても、リードをぐいぐい引っ張っているとしたら犬にとってはそれはネガティブな記憶となります。

人間世界でもいじめっ子といじめられっ子の間で感覚が違うということがあります。いじめている側は「いじめているつもりはなかった」と言い、いじめられっ子は「いじめがつらい」と言います。ある意味似たようなことが飼い主と犬との間で生じえるということです。この点については以下のようなコメントがありました。

「例えばオジサンが子供に「よしよし」と大きな手で頭をかき回すようになでるのは犬も嫌がります。犬って小さい子供(2歳くらい)と似ています。」(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13114288673)

犬が寄ってこない理由2:嫌われている

上記の怖がるという理由とも少しかぶりますが、犬に嫌われているという可能性もあります。

犬が飼い主を嫌いになる理由は様々に考えられます。例えば「可愛がり過ぎる」という問題があります。扱いそのものに問題があるわけではないにしても、スキンシップが過ぎると嫌かもしれません。

何事にもほどがあります。愛犬についてよく知っていれば、犬が今どんな気持ちでいるのかある程度予想がつくでしょう。もしスキンシップを図っていて、犬が嫌そうにしているのを見たらそこでやめましょう。仮に自分から撫でてほしいと近寄って来たとしても、やりすぎは禁物です。

もちろん叱りすぎも禁物です。しつけは重要ですが、あまりにくどくどと怒りすぎてしまうと嫌われてしまうかもしれません。問題なのは言っていることが正しいかどうかではなく、叱り方です。親にしつこく叱られて嫌な思いをしたことが誰でもあるでしょう。犬もそれは同じです。この点については以下のようなコメントがありました。

「厳しくしすぎたのか、主人が帰ってくるまでトイレや飲水をガマンしたり、主人が帰ったとたんに大はしゃぎで主人をつけて回ります。私のみ家にいる時はケージに自らはいり大人しくしてるのですがいつも私の顔色を伺うようにこちらをジトッと見てきます。人によってここまで態度を変えるのか、と切なくなります。」(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11163065276?__ysp=54qsIOOCueOCreODs%2BOCt%2BODg%2BODlyDpgY7libA%3D)

泥酔状態にあるなど飼い主が不思議な動きをしている時も、犬の目には奇異に映ります。飼い主が上機嫌に近寄ってくるとしても、何をしてくるのか分からないような理性のない動きをすると、犬は怖がるかもしれません。

もしそれが何度も続くようであれば、そのうち犬に嫌われるかもしれません。酔って暴力的になるようなら余計そうでしょう。

直接犬に怒らないとしても、犬の前で家族ケンカをするのも禁物です。犬は微妙な雰囲気を感じ取ります。「夫婦喧嘩は犬も食わない」と言われますが、犬にとってそのような時間はストレスでしかありません。子どもを叱る場合も、犬の前でやると自分が叱られていると感じるかもしれません。犬の前では険悪な雰囲気を出さないのは鉄則です。

犬が寄ってこない理由3:単なる性格

単に性格上の問題で寄ってこない場合があるという意見もあります。人間と同じように犬にも個体差があります。犬だけではなく猫にもありますが、性格によって人の好き嫌いがあるかもしれません。

犬好きだから好かれるとは限りませんし、犬を敬遠している人が嫌われるわけでもありません。実際以下のようなコメントがあります。

「うちの犬も、人の好き嫌いはあります。すごい犬好きを自負する人なのに、なぜか遠巻きに避け、私は申し訳なく思ったり。逆に、まったく犬に興味なく、いつも視界にも入らず、「だめだ。俺、犬は触らねえよ~」ってつれないおじさんに、毎度懲りずに耳を倒してしっぽを振って行きます。私がすごく苦手で避けたい人でも、犬は大好きだったり。犬の好みは、人の感覚では判断できません。」(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13114288673)

もちろん一概に性格だけで判断できるわけではありません。「散歩に連れてってくれる人がボスと見られていて、エサをあげている人が実は下っ端に見られている」ということもありえます。犬にはいろいろと複雑な主従関係があるのかもしれません。

犬が寄ってこない理由4:嫉妬

人間のように犬が嫉妬するという面白い意見もあります。 タスマニア大学の研究チームによると、飼い主が犬のぬいぐるみに注意を向けている時に、実験の対象となった犬はぬいぐるみに対して攻撃的になったり、間に割り込もうとしたりしたようです。

飼い主と自分以外の何かとの間に嫉妬を感じると、「飼い主が呼んでも来なくなる」という反応をするようになるかもしれません。この点については以下のようなコメントがありました。

「ワンコの嫉妬という場合もあります。なぜかチワワとトイプーには嫉妬深いコが少なくなく、飼い主の強い関心が自分以外に行くのが許せないコがしばしばいます。 このタイプのコでも、自分からアピールする分には愛想よく、一見八方美人タイプもいたりするんですね。ただ、真のライバルにだけ愛想ない。(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13114288673)

「親戚の家に行ったとき、姪が急に自分に懐いたもので、思わず他の全てをほったらかしにしてかまいまくっていたら、いつも膝の上に乗ってきていた犬がこちらに寄って来ず、やたらあちこちに粗相をしだした。面白くなかったんだろうか。」(https://science.srad.jp/story/14/07/28/0547245/)

犬が寄ってこない理由5:気持ちを察知している

犬は賢い動物です。そのため「自分が苦手としている相手の気持ちを察知して近寄ってこない」ということも考えられます。人間も相手のふとした表情や反応から自分に対する相手の気持ちを判断して、その人にアプローチするかどうかを決めることがあるでしょう。犬も同じことをやっている可能性があります。この点については以下のようなコメントがありました。

「後は 本能的に自分を嫌いと思ってる人には近寄りません」(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13114288673)

ただし先述のように、犬が好きというわけではない人に尻尾を振って近づいたりする子もいることを考えると、必ずしも相手の気持ちを察知することが近寄らない原因になるとは言い切れません。この辺りは性格も関わってくるかもしれません。

犬が寄ってこない理由6:ツンデレ

素直な反応をしてくれない子もいるようです。ツンデレと言えば猫ですが、イヌにもあまのじゃくな動きをする子がいたっておかしくありません。このようなコメントがYahoo知恵袋にありました。

「おいでと言っても犬が来ません。・・もともとツンデレ系というか、少し変わった性格の犬で、おいでといえば逃げる、人が仕事をしている間物陰からこっそりこっちを見てて、わたしが気づいて振り返り、目が合った瞬間からしっぽを振り始め、しょうがないなあとわたしが構おうと椅子を立つとすぐさまUターンして颯爽と走り去るようなかまってちゃん犬です。」(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10118018690)

「我が家のマルチーズもすっごいドライ?ツンデレ?で、まるで猫です(笑)お出迎えですら、ドライですよ~。私以外の家族は、出てくることすらないです。」(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12114672067)

犬が寄ってこない理由7:勘違い

別の理由は勘違いです。飼い主が自分の元に来るようにという合図のつもりで「おいで」と言っていても、実は犬はそれを同じように捉えてはいないという可能性があります。例えば「おいで」がおいかけっこの合図になっているかもしれず、遊んでくれるサインと捉えているかもしれません。このような場合は呼んでも来てくれない可能性があります。次のような興味深いコメントがありました。

「おいでと言えば逃げる、というのを繰り返した結果、おいで=追いかけっこと理解してしまったのでは?犬も人も楽しそうな様子が目に浮かびますが、違うコマンドで「呼び戻し」を教えた方がいいかもしれません(「来い」や「come」など)」(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10118018690)

「おて、おかわり、ふせ、おすわり、まて…などは覚えたんですが外でリードを外したとき名前を呼んでも見てるだけで来ません追って捕まえようとすると、遊んでると思って逃げます。」(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1452471439)

情報提供元:mofmo
記事名:「犬が呼んでも来ないのはなぜ?考えられる理由はこれ!?