愛犬がドッグフードをこぼす理由とは?

Dog food with rice in plastic bowl on nigh background.

Zania Studio/shutterstock.com

冒頭でも少し触れましたが、愛犬がドッグフードをこぼしたり散らかしたりするのには理由があります。

食べ方の癖

犬はドッグフードを食べるとき、長い舌を器用に使いドッグフードをすくい取って食べます。この際、舌を使うのがあまり上手ではない犬は、どうしてもドッグフードをこぼしてしまい、器の周りにもドッグフードを散らかしてしまいます。舌を使うのが上手な犬は、ドッグフードをこぼすことはほとんどありません。 それで、愛犬がどうしてもドッグフードをこぼしてしまう場合は、犬の個性だと思い、器の下にランチョンマットを敷いてあげることもできます。また、フードボウルの深さが浅いとドッグフードがすぐこぼれてしまいます。ある程度深さのあるものを選ぶと良いでしょう。

他の犬に取られないようにしているのかも

もし愛犬を何匹か飼っておられる場合に考えられるのが、愛犬が自分が食べているごはんを他の犬に取られないようにするために、急いで食べ過ぎてしまい、ドッグフードをこぼすということです。または、他の犬に取られないようにするために、その場では食べず、口の中にドッグフードをくわえたまま移動して食べる犬もいます。 なので、移動の際に口からドッグフードがこぼれ、辺り一面に散らかしてしまう結果になる、といった具合です。犬の世界も大変ですね。

お腹が空いていないのかも

犬にドッグフードをあげてもお腹がいっぱいであれば、ドックフードを途中で食べなくなるものです。それでそのまま大人しくその場を去ってくれたら何もないのですが、好奇心旺盛な犬や子犬などは、残ったドックフードをおもちゃにして遊んでしまうのです。ドックフードではなく単なる丸い小さなおもちゃに見えだしたら、前足でつついたり鼻で飛ばしてみたりと、器からドックフードが散乱してしまうのです。 それで対処法としては、愛犬があまりお腹空いていない場合などは、直ぐにドックフードを下げてしまう方が良いでしょう。もしくは愛犬が体調悪くてドックフードを残している可能性もありますので、その時は、必要なら動物病院へ連れて行くなり処置を講じてあげることができます。何れにせよ、日ごろから愛犬の食べ方にも注意を払っておき、少しの変化にも気づいてあげることが大切です。

興奮しているのかも

人間でも食べるのが好きな人の場合、ご飯の時間が近づいてくると気持ちが高揚するように、愛犬も待ちに待ったドックフードが目の前にあらわれると、大興奮する犬もいます。嬉しさのあまり、頭が震えたり、歯をカタカタいわせたり、飛び跳ねたりといった具合にです。喜びの表現の仕方は、犬によってもかなり違いますよね。 あまりの興奮のため、ドッグフードを食べるときにも慌てて食べてしまい、結果として、ドッグフードが器からこぼれてしまい、あたり一面散らかってしまうのです。人間の子供と同じようで、かわいい面もありますが、後処理に頭を抱えてしまいそうです。

ドッグフードが原因かも

犬も毎日毎日同じものを食べていて、味に飽きてしまっているかもしれません。または、ドッグフードの中に嫌いなものが入っているのかもしれません。何種類かのドッグフードを混ぜて与えていた、または、薬をドッグフードの中に混ぜて与えていた愛犬に多く見られます。 それで、選り好みをするようになり、ドッグフードを食べ散らかしてしまうようになるのです。自分の好きなものだけ食べたいので、いったん器からドッグフードを外に出し、嫌いなものを残すという感じです。

ごはんの場所が気に入らないのかも

これは、犬が落ち着いてドッグフードを食べられないような環境下で食べさせるときに、ドッグフードをこぼしたり、散らかしたりしてしまうということです。器を置いている場所が気に入らないと、器を鼻で動かしたり、ドッグフードをくわえて自分が落ち着ける場所まで持っていったりして食べます。そのときに、口からドッグフードがこぼれたり、器の周りに散らかしてしまうという結果になってしまうということです。

情報提供元:mofmo
記事名:「犬がドッグフードをこぼす理由とは?ちゃんとした理由があった!