いつでも頼れる場所

Young female veterinarian in blue uniform hugging and talking to white fluffy labrador lying on table during check-up

Pressmaster/shutterstock.com

飼い主がどれだけ沢山の愛情を与え、そしてどれだけ大切に育てていたとしても動物は体調を崩してしまったり、怪我をしてしまったりすることがあります。

人間もどれだけ健康に気を使っていても不調になってしまうことがあるように、動物も生きているからこそいつも同じようには生きていられるわけではないのです。

動物の不調は決して飼い主だけのせいではありませんが、その不調を放置していると悪化させてしまい、動物に苦しい思いをさせてしまうことがあります。

医療はすすんでいます。

それは動物病院も同じで、今は動物に何かあったとしても救えることがたくさんあります。

病気になってしまった時、そしてそうなる前に出来ることがあります。

飼い主には何が出来るのか、医師には何が出来るのか、病院に行けばわかります。

そこで今回は、岐阜県大垣市にある動物病院を紹介します。

ふじの動物病院

fujino-ah.com

岐阜県大垣市にある動物病院1つ目は、「ふじの動物病院」です。

ふじの動物病院は、岐阜県大垣市浅草にあります。

診療対象は、わんちゃん・猫ちゃんが主になっていますが、その他の動物も受け入れることが出来ることがあります。

飼い主とペットの一生涯のあらゆる場面をサポートする動物病院を目指しています。

飼い主のペットに対してのあらゆる不安や悩みの相談に乗り、検査、治療内容、料金など全ての場面で十分な説明を行い、納得できる医療を目指します。

決してペットだけのことを考えるのではなく、飼い主の気持ちも考えて検査などを行っていきます。

医師だけにしか分からない医療用語は使わずに、飼い主に分かりやすく説明することを心掛けているので、飼い主の「ペットはどうなってしまうか」という不安を取り除いていけるようサポートします。

「こういうことはしないでほしい」という要望にも応えますので、飼い主は遠慮なく自分の思ったことを医師に相談してみて下さいね。

また、動物医療の発展に伴い、様々な専門病院が増えてきています。

無理に一つの病院で医療を行うのではなく、必要に応じて各専門病院と連携することがより質の高い医療へと繋がると考えていますので、専門病院への紹介の必要性を判断し、スムーズな連携を行うよう努めます。

医療行為は、時に様々な苦痛やストレスを伴います。

少しでもその辛さが和らぐよう院内設備、医療行為に精一杯の工夫を行います。

かかりつけ病院の時間外に体調を崩した時にどうすれば良いのかは、多くの飼い主が最も不安に思われることのひとつです。

こちらは24時間病院ではありませんが、休診日も、診察時間外もできる限りのことを行っており、飼い主の「こんな時間にどうしたらいいのだろう」というSOSを逃しません。

手術中などすぐには対応出来ない場合でも早めに飼い主のSOSに応えていきます。

ふじの動物病院の駐車場は、国道258号沿いに広い間口と駐車スペースを用意しています。

ゆったりと8台駐車できますので、車で病院に来ても安心です。

入り口には、わんちゃん用のシャワースペースがあります。

ペットの脱走防止のため、引き戸になっています。

ドッグランは、診察の待ち時間や診察後に無料で利用することが出来ます。

わんちゃんを思いきり遊ばせることが出来るので、病院嫌いなわんちゃんでもここなら嫌がらないかもしれません。

待合室は、繊細な猫ちゃんに配慮して、わんちゃんと猫ちゃんで待合スペースを分けています。

テレビや雑誌なども用意致しているので、ペットはもちろんのこと飼い主にとってもゆっくり待ち時間を過ごすことが出来ます。

診察室1と2は、開放的なセミオープンの診療室になっています。

それぞれの動物に合った診療スペースを用途に応じて使い分けます。

診察室3は、静かな個室の診療室になっています。

入院室は、わんちゃん用と猫ちゃん用と部屋を分けています。

また、大型犬のわんちゃん用の部屋もあり、その子にあった部屋でゆっくり過ごしてもらうことが出来ます。

手術室には、多くの医療機器を備えています。

血球計数器は、血液中の赤血球や白血球などの数を調べる機器で、貧血や炎症を調べるために使います。

人工呼吸器は、全身麻酔下における呼吸を自動で管理する機器です。

深い麻酔時に陥る弱い自発呼吸による低換気のリスクを防ぐことが可能です。

超音波診断装置は、心臓や肝臓、腎臓などの内臓の状態を痛みを与えず診察できる機器です。

手術モニターは、手術中の心電図や呼吸状態、血圧などを監視する機器で、異常をいち早く感知し、対処するための重要な機器になります。

麻酔器は、手術中の麻酔や呼吸を管理する機器です。

安全な麻酔管理をする上で重要な機器です。

DR装置(レントゲン装置)は、レントゲン室で撮影した画像をパソコンで確認できる機器です。

現像を必要としないため、素早い診断が可能になっています。

電気メスは、高周波を利用して血管などを凝固切開する機器で、止血しながら手術できるため、短時間での手術が可能です。

生化学分析装置は、血糖値やコレステロール、電解質などを調べる機器で、肝臓や腎臓など内臓の状態を調べます。

遠心分離機は、内部で血液を回して、遠心力によって必要な成分を分離したり、集約する機器です。

超音波スケーラーは、歯石の除去や抜歯など、歯の治療に使用します。

分包機は、錠剤などを服用単位、処方日数ごとに分包する機器です。

輸液ポンプは、薬剤を点滴注射する際に、体内への注入速度や輸液量を正確に調整する機器です。

オートクレーブは、内部を高温、高圧にすることで、細菌などの病原体を死滅(滅菌)させる機器です。

顕微鏡は、血液の形や大きさなどを直接見たり、糞便や尿の中に細菌がいないかなどを調べます。

内視鏡は、胃や腸の様子をカメラで観ることができます。

誤って飲んでしまった異物を、開腹せずに取り出すことも可能です。

眼圧計「TONOVET」眼圧を測る機械で、痛みもなく速やかに測定可能で、緑内障などの診断に用います。

医師はもちろんのこと、病院にいるスタッフもしっかりとサポートしてくれ、設備も多く整っているので、困ったことや悩みごともここならきっとすぐに解決します。

  • ふじの動物病院
    かかりつけ医院におすすめの病院です!
    夜間や時間外も対応してくれるので、安心です!
詳細はこちらから

中村獣医科病院

www.vet-nakamura.com

岐阜県大垣市にある動物病院2つ目は、「中村獣医科病院」です。

中村獣医科病院は、岐阜県大垣市木戸町にあります。

診察対象は、主に犬、猫が中心です。

その他の小動物(ウサギ、フェレット、ハムスター、小鳥)に関してはお問い合わせの上、診察が可能になることがあります。

中村獣医科病院の院長は、三代にわたって、岐阜県大垣市で獣医診療に携わっています。

地域のホームドクターとして、家族の一員であるわんちゃん・猫ちゃんの病気の治療を行うことはもちろん、病気にならないよう予防医療にも取り組み、健やかな生活ができるようお手伝いしていきます。

また当院近辺の地域獣医療の発展のため、最新の獣医療を提供できるよう日々勉強しているので、いつも新しい知識を持って飼い主に納得してもらえるように、そしてわんちゃんや猫ちゃんにとって最善の治療を心がけて診療にあたっています。

病院のエントランスから風除室を抜けると、正面にあるのが受付です。

オープンカウンターなので、待合室と一体になって開放感があります。

来院したらまずこちらにスタンバイしている動物看護師に、ペットの症状など気になっていることを伝えて下さい。

こちらで最も広いスペースが待合室です。

正面のオープンカウンターを挟んで左右両サイドに分かれています。

天井を高くし、飼い主と動物たちが少しでも不安感なく快適に過ごせるよう、広い待合室にしました。

色も、温かみのある木目調とオレンジピンク色でリラックスできるようにしました。

診察室では、一般的な内科、外科の外来診療を行います。

動物たちとじっくり向かい合い、飼い主からの詳しい問診を行ったり、視診、触診、聴診を徹底的に行います。

検査を行う内容、診療方針など飼い主が納得出来るよう説明します。

検査室では、血液検査、超音波エコー検査など様々な検査、手術前の毛刈り処置などに対応しています。

わんちゃんも猫ちゃんも怖がらずにスムーズに検査出来るように、検査中は無理矢理押さえつけるなどということはしません。

たくさん声をかけて安心してもらえるように、気を付けています。

眼科診察室は、明るい部屋だと、目の角膜に周囲の物が映り込んで検査が出来ないため、こちらの部屋には窓がありません。

前眼部を検査する細隙灯(スリットランプ)検査、網膜などの眼底を検査する眼底カメラ、網膜の機能を検査する網膜電位図(ERG)測定装置、眼圧を測定するトノペンなどが装備してあります。

また、検査した画像をファイリングシステムにて記録し、飼い主にはモニターを見てもらいながら詳しく説明します。

手術室では、吸入麻酔器、心電計、血圧、体温、呼気炭酸ガス濃度、経皮的血液濃度飽和度など麻酔時の動物の状態を監視しています。

電気メス、半導体レーザーなどを用いて、手術時間の短縮と少ない出血を目指しています。

また、各種眼科手術(緑内障や角膜疾患等)など、精密さを必要とする手術では手術用顕微鏡を用いて行います。

ICUでは、ゲージ内の温度、湿度、酸素濃度を設定することができます。

呼吸状態の悪い動物の治療に効果を発揮します。

地域のホームドクターとして診療を行う一方、中村獣医科病院の特徴ともいえまるのが、眼科の診療設備を整え、前眼部から眼底にいたるまで、広く眼科診療にあたっていることです。

「目は口ほどに物を言う」という格言は、人の心理状態を反映する表現として使われていますが、物言わぬ動物から少しでも情報を得ようと「眼は口ほどに物を言う」をモットーに日々治療にあたっています。

ペットの目の異変に気付いたらこちらで診察してもらいましょう。

  • 中村獣医科病院
    三代続く歴史ある動物病院!
    しっかり向き合ってくれるので、何かと安心です!
詳細はこちらから

飼い主とペットをサポート

岐阜県大垣市にある動物病院を紹介しました。

設備が揃っており、しっかりと医師やスタッフが飼い主とペットをサポートしてくれる体勢がある病院は安心ですよね。

岐阜県大垣市にはそんな安心できる動物病院が揃っているので、一度足を運んでみて下さい。

情報提供元:mofmo
記事名:「日本列島のど真ん中にあります!岐阜県大垣市の動物病院