10分の2の確率

一風変わった試みに注目が集まるドッグシェルター、犬たちの生活は?

vimeo.com

一般的に人々は犬を飼いたい時、ペットショップを選ぶ傾向があります。
シェルターで暮らす犬たちに対しては否定的なイメージを持たれているのが現状です。
出典:https://www.boredpanda.com/dog-photos-talent-agency-shelter-ion-cojocaru/

ひとたびシェルターに保護された犬たちが新たに家族に迎えられることは非常に難しいと 言われています。その確率は10分の2にも満たず、多くの人が傷ものの動物という イメージを持ってしまうのだそうです。

そのうえ、シェルターは善意によって運営されていることが多く、資金が不足したり収容数を超えてしまえば悲しい現実が待ち構えているのです。

シェルター運営のために....

このまま寄付だけでの運営が難しいと判断したドバイの保護団体k9Friendsは保護犬たち
自身の力でなんとか資金調達ができないだろうかと考えました。

そしてついに彼らをモデルとして商業広告に使うことで資金を得る活動をスタートさせました。
出典:https://vimeo.com/163401823

多くのシェルターが悲惨な現状を伝えることで必死に資金を募り運営をしていますが、 ここではネガティブにとらえるのでなく、保護犬たちに活躍の機会を与えることで 自立した運営という素晴らしい形を実現させました。

またこの取り組みによってシェルターの存在を世間に知らせる役割も果たしているんですね。

情報提供元:mofmo
記事名:「 一風変わった試みに注目が集まるドッグシェルター、犬たちの生活は?