愛犬が食べているドッグフードの原材料を意識したことはありますか?ドッグフードによく記載されている原材料の一つに「チキンミール」というものがあります。チキンと書いてあるので肉の一種なのかと予想はできますが、どんな肉が使用されているかご存知ですか?

そこで今回はドッグフードによく記載されている「チキンミール」の実態について見てみたいと思います。ドッグフードの原材料にふさわしいものでしょうか?

チキンミールとは何?

「チキンミール」とは何でしょうか?みなさんはどんなものを想像しますか? きっと鶏肉を使用している。と多くの人は思っていることでしょう。たしかに間違いではないのですが、そう単純なものではありません。

まずチキンミールとは「チキン(ニワトリ)」と「ミール(つぶし粉)」の合成語です。つまり鶏の様々な部位を混ぜ合わせて粉砕したものが「チキンミール」となっています。またこの過程を「レンダリング」と言います。 チキンミールには鶏の様々な部位が使用されているということで、私たちが日常食べる鶏肉を粉砕してもチキンミールですし、鳥の頭や足、羽根などを粉砕してもやはりチキンミールです。

チキンミールは鶏を原料にしているため、ドッグフードの動物性たんぱく源として使用されています。

チキンミールは危険なの?

Little dog puppy is wondering

Richard Peterson/shutterstock.com

チキンミールの使用に関しては賛否両論で、「チキンミール」が含まれているドッグフードは絶対に選ばないという飼い主さんも多くいます。その理由は何でしょうか? チキンミールが危険だといわれている理由は4つです。

・鶏のどこの部位を使用しているかわからない ・栄養価が低い ・抗生物質やホルモン剤が使用されている可能性がある ・添加物による加工がされている

では詳しく見てみましょう。

使用している部位が不明

一つ目は使用している鶏のどんな部位を使用しているか不明であることです。 上記でも述べましたが、チキンミールとは私たちが食べる鶏むね肉、モモ肉、手羽先などをレンダリングしてもチキンミールと呼びますが、私たちが食べない鶏の頭や羽根、骨などをレンダリングしても同じくチキンミールと呼びます。 ですからチキンミールには鶏のどんな部位が使用されているかわからないのです。

一般的にドッグフードで使用されているチキンミールには、「肉副産物」と呼ばれる人間の食用として取り除いた残りの部位が使用されることが多いです。例えばとさか、くちばし、内臓、骨、羽根、足、血液などです。 このように本来なら廃棄する部位を使用することで、コストを抑えられます。ですから安いドッグフードの原材料を見ると「チキンミール」の使用が高い確率で見られます。

栄養価が低い

二つ目の理由は栄養価が圧倒的に低いということです。 理由は上記で挙げたどんな部位を使用しているかわからないことが関係しています。同じ鶏肉でも私たちが食べる食肉部分と、一般的なチキンミールで使用されている粗悪な部位を比べれば、明らかにチキンミールの方が栄養価が低いことは想像できるのではないでしょうか? また食肉以外の部位を使用しているため、消化がしにくく消化器官にも負担をかけてしまいます。

また粗悪な部位を使用したチキンミールは食用の部位に比べて、体内での吸収率も低くなっています。つまりドッグフードのパッケージにかかれているたんぱく質量がいくら高くても、吸収できるたんぱく量は少ないため、徐々に栄養不足になってしまう可能性があります。 体内に吸収されるたんぱく質が不足することで、皮膚や被毛の健康が損なわれたり筋力低下、免疫力低下など健康なからだが作れなくなってしまいます。

ホルモン剤、薬物混入の可能性

三つめの理由はホルモン剤や抗生物質などが混入している恐れがあるということです。なぜでしょうか? それはチキンミールで使用されている肉がどんな肉を使用しているかわからないことと関係しています。

上記でもチキンミールには食用以外の本来なら破棄にするような部位が使用されている。と述べましたが、他にも危険な肉が使用されている可能性があるのです。 例えば病気で死んだ鶏や長期間にわたる病気で薬物投与され続けた鶏、成長ホルモン剤によって飼育された鳥、病気予防のために大量の抗生物質が投与された鶏などです。こういった抗生物質などの薬物はなかなか体外に排出されず、鶏の体内に蓄積されたままになり、薬物汚染された鳥がそのままチキンミールに加工されている可能性があるのです。病気の鶏が使用されている可能性があるということは、がん細胞、がんに侵された部位、汚染された血液なども一緒に含まれていることでしょう。

鶏だったらなんでもいい!という考えが表れていますね。

添加物等による加工

最後の理由は添加物による加工です。 使用している肉の品質や鮮度が悪いことは十分わかっていただけたことでしょう。すでに腐っている肉が使用されていたり、栄養価のない部位ばかりで作られているチキンミールは添加物を使用しないとどうしようもないのです。「香料」「着色料」「防腐剤」などの添加物が大量に投与されています。 腐った鶏肉は悪臭を放ちハエが集り変色します。これを何とかするために添加物によって加工をします。

チキンミールを作るために使用している添加物というのは、ドッグフードの原材料欄には記載されません。ですからチキンミールを使用しているドッグフードは原材料欄を見ただけではわからない添加物がたくさん含まれている可能性があるのです。 添加物の危険性は多くの人がすでにご存知のことでしょう。中には発がん性、アレルギー、内臓疾患、染色体異常を引き起こす等のリスクがあります。食用への使用が禁止、もしくは制限されている添加物も多くあります。

情報提供元:mofmo
記事名:「 犬に危険??ドッグフードの原材料「チキンミール」ってなに?