ずっと家族に恵まれなかった猫

抱えていた二つの障がい

「その子は発育不全で前脚が曲がっていて四足歩行が困難な状態だったの。それに鼻にも形成不全があって手術で治ったけど、鼻の穴のサイズが左右違うの」とキャリンさん。
出典:http://www.lovemeow.com/woman-saves-special-cat-that-no-one-wanted-and-turns-her-life-around-2499976552.html

この子がキャリンさんが引き受けた猫ちゃんです。 確かに、前脚が健常な猫より短く曲がっていますね。 そしてぱっと見にはわかりづらいかもしれませんが、右の鼻の穴が若干左の鼻の穴より大きく見えます。

新しい暮らしがスタート!

キャリンさんとご主人はその猫を預かりさんから引き受け、グレイブ・ディガーという名前を付けました。そして夫妻の元へ来てわずか一日ですっかりと心を許し、後脚で器用に立って遊んだり跳ねたりするようになったのです。
出典:http://www.lovemeow.com/woman-saves-special-cat-that-no-one-wanted-and-turns-her-life-around-2499976552.html

後脚だけで上手に立って、猫じゃらしに果敢に挑むグレイブ。 その姿は、健常な猫となんら変わりなくとても無邪気ですよね。

キャリンさん夫妻の運営する保護施設は、障がいを持っていたりシニアであったりなど里親さんがみつかる見込みの無い猫達を終生飼育で受け入れる、いわば養護ホーム的存在。 そんな彼女の施設には、他にどんな猫さんが暮らしているのでしょうか。

情報提供元:mofmo
記事名:「 縁に恵まれなかった2つの障がいをもつ猫。ある夫婦と出会い手に入れた大切ものとは?