「やあ、ご主人」

キャットタワーに座り、凛々しくこちらを見つめる猫ちゃん。 「まーそん」さんです。

「今日こそイケるかと思って登ってみたのだが…」

まーそんさんは、ちょっぴり高い場所が苦手なご様子。 下りたいけれど、どう下りていいのか分からないようです。

ちょっとずつ後ずさりをしたり、そわそわと辺りを見渡したり… さて、まーそんさんはこれからどうするつもりなのでしょうか?

「下ろしてもらえるかな?」

妙な動きを繰り返したまーそんさんは、なんとなくそのまま腰を下ろしました。 どうやら、助けを待つことにしたようですね。

「くそぅ…!」

そんな まーそんさんの思いとは裏腹に、飼い主さんは手を貸すつもりはありません。 「できる限り自分で頑張ってみて!」という親心。 その愛の鞭に応えるかのように、まーそんさんは自力での脱出を図り始めました!

「頼れるものは己の力のみ!」

猫らしくピョンと飛び降りるのが怖い まーそんさんは、お尻からの脱出を試みます。 体操選手の鉄棒顔負けの迫力で腕の力を振り絞り、下の段へと足を伸ばす まーそんさん。

その頑張りが実を結び、まーそんさんの足はしっかりと下の段を踏みしめます。 「しめた!」と思い、続けて柱へ手をかけようと思ったら…

まーそんさんを危機が襲う!?

 

情報提供元:mofmo
記事名:「これが本当の本気だ…!タワーから恐々下りる猫が情けなくも勇ましい!?(動画)