猫の雄と雌で、飼いやすさに違いはあるのか?

猫 三毛猫

shutterstock.com

猫を飼うのに雄か雌かどちらの性別にしようか迷ってしまいますね。

実際に飼いやすいのはどちらの性別の猫でしょうか?

個体によっても、猫の種類によっても性格が違うので一概には言えませんが、性別で性格も変わってくることがあります。

家族の生活スタイルで性別を決めてもいいかもしれませんね。

去勢、避妊手術をすると、どちらの性別の猫でも性格も変わることがあります。

性別に関係なく、去勢、避妊手術をすると穏やかになるようですよ。

発情期のイライラからも解放されて、飼いやすい猫になるからです。

発情期がなくなるため、性的なストレスが軽減されます。また、発情期に伴っておきる問題行動(独特の大きな声で鳴くなど)を抑制することもできます。
出典:http://nyanpedia.com/post-2038/

雄猫の性格・飼いやすさ

雄猫の性格は明るく楽しく、飼いやすい面が多くあります。

雄猫の性格は?

雄猫の性格は性別的に雌猫よりも甘えん坊なのが特徴です。

抱っこされるのが大好きで、人も大好きです。

飼い主と遊ぶのが好きで、とってもやんちゃでもあります。

遊ぼう!と誘ってくる姿は飼い主を虜にさせます。

飼い主のことが大好きで、しつこく付きまとってくる雄猫もいます。

雄猫はこんな人に向いている

雄猫を飼うメリットは、去勢手術を受けた後も甘えん坊なところかもしれません。

雄猫の甘え上手な所が好きな人は安心してくださいね。

雄猫は去勢したらますます甘えん坊になるという特徴があります。

雄猫に向いている飼い主のタイプは、いつも猫と一緒にいたい、猫と遊びたい人にピッタリです。

去勢手術をすればメスを求めることはなくなるものの「ご飯が欲しい」「遊んでほしい」といった考えを持てば、飼い主に甘えてくるようになります。オス猫が甘えん坊に感じるのはこれが理由であり、その性格は本能そのものなのです。
出典:http://news.mynavi.jp/news/2014/02/13/008/

雄猫を飼う時の注意点は?

雄猫は去勢をしないと、部屋中にマーキングするようになります。

臭いがきつく、掃除しても臭いが取れにくいのが特徴です。

去勢手術をすると、マーキングをしなくなるので飼いやすくなります。

去勢をするかどうかをしっかり検討しましょう。

また、猫の本能である放浪癖やスプレー行為(尿マーキング)などの改善も期待できます。メスと一緒に飼われている場合は、マウント行為も軽減されます。
出典:http://nyanpedia.com/post-2038/

情報提供元:mofmo
記事名:「猫を飼うならどっちがいい?性別でみる猫の性格