WWDC 2019で、今年も驚くべきリリースがAppleから発表されました。iPadが専用OS「iPadOS」をリリースをするのをはじめ、iPhoneなどのOSはiOS13となり、ダークモード搭載、そして極めつけは長らくアップデートがなかったデスクトップ型のMACであるMacProの新型です。

驚くべき新型MACのスペック

さて発表された新型MacPro。今まではどうしてもiMacの方のリリースばかり注目さされておりましたが、やはりプロ向けも長らくアップデートがなかったという状況を踏まえると新しいものが欲しいと思うのがアップルファンであります。

最大28コアIntel Xeonプロセッサ、そしてメインメモリは1.5TBまで拡張可能。

グラフィックボードはRadeon pro 580xやPro Vega IIなどで、新カードAfterburnerを搭載し、60億ピクセルのレンダリングを1秒でこなすという。8K動画なら同時に3本、4Kなら12本同時再生可可能という驚異のスペック。まさにモンスター。ただし見た目は・・・

上から見るとこんな感じで取っ手があり、持ち運び可能。キャスター付きも嬉しいところ。で、このマシンの値段ですが5999ドルとお値打ち価格。ええ、日本円にすると、だいたい647,562円ぐらいです。(現在レート)

ちなみにモニターやらスペック増強などを行うとざっと100万近くかかりますので、お財布をたっぷり潤沢に整えておかないと痛い目にあいそうです。

メモリ1.5TBが話題に

さて巷ではこのメモリの量が話題です。

1.5TBというのは、どれぐらいかといいますと、今一般的に使われているメモリーサイズは8GBです。

何だそんな多くないじゃん・・・と思うのかもしれませんが、1.5GBではなくTB。「ギガ」じゃないんです。テラなんですよ。つまり1GBの1000倍。

GBにすると1500GBですので、一般的なメモリサイズの8GBと比べいかに「モンスター」であるかが伺えます。

ちなみに利用用途は、上記で記載したとおり4K、8K動画の編集やゲームの開発など、グラフィック能力をふんだんに利用する開発者向けのマシンとなりそうです。

以前、光を10兆フレームで撮影した動画が話題になりましたがこんなのも簡単にできるかも。

まさしくWWDCが開発者向けの発表会ですので、ユーチューブ再生しているだけの一般利用者は当分iPhoneやiPadで十分なのかもしれません。

画像掲載元:Mac Pro (2019):View in AR

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「新型MAC「メモリ1.5TB」が凄すぎてTwitter民ついていけてないと話題に