トイレットペーパーが品薄になっていく、というデマ。それに伴いフリマアプリでトイレットペーパーなどの転売が行われていたため「転売ヤーの値段引き上げマッチポンプなのでは」と言われておりましたが、そのデマによる影響は非常に大きくトイレットペーパーが街のスーパーから姿を消していました。しかし、在庫は十分にあったのでその問題も収束に向かっております。そんな中イオンが打ち出したとどめの一撃が話題になっておりました。

おひとり様10点まで購入できます

人間の心理というモノは面白いもので、これだけたくさん供給され、しかも「10点まで」と言われるとそんなにあるのかと安心してあれだけ無いと騒いでいたトイレットペーパーを買わなくなってしまうんですね。

このように陳列されている店舗は一店舗ではない

こちらの投稿者さん、四枚の似た画像を上げているのですが、どこも同じ場所で撮影したわけではないようです。もしもまだトイレットペーパーが買えてない方は、お近くのイオンに問い合わせてみると良いかもしれませんね。

仕掛け人、丸富製紙さんの本気

デマ拡散を防ぐため、倉庫の中には在庫がたくさんあります!というツイートをしていた丸富製紙さん。それだけではなく現場にも相当数のトイレットペーパーがある!と強く示した形です。

ちなみに、こちらが倉庫の在庫。たっぷりありますね。

トイレットペーパーデマ騒動により、とんでもないモノがメルカリに出品されたりしておりましたが、ひとまずこちらは収束に向かっているようで良かったですね。

画像掲載元:写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「イオンがトイレットペーパーを本気で陳列し、転売ヤー終了のお知らせ