昨年も大きな問題となったいたずら動画。彼らは人気を集めるため、再生数を稼ぐため、あらゆる手法を使って世間の注目を集めようとするのですが、結果的に仕事を失い、そして人士を棒に振り、自分の身を滅ぼすという散々な結果を迎えます。このようなことは幾度となく繰り返すのですが、今回も問題行動を起こした輩が話題です。

コロナをばらまいてみた

日本でもコロナ感染者が「コロナをばらまいてやる」と、飲食店に出向き意図的に感染させたという方がいましたが、どうやら海外でも同じような手口はあるようです。

今回の動画はそんな、コロナを店中に拡散させるという趣旨の動画のようですが、これまた本当にコロナ云々以前に、いろいろな意味でひどいものであります。

この動画を見た、海外のジャーナリスト「ピアーズ・モーガン」は怒りに震え、710万人いるTwitterアカウントで拡散させ、一刻も早くこの男性の逮捕を願ったようです。

男性は「コロナウイルスが怖いのは誰?口に触れないでね」

などとつぶやいているのだということです。

男性は店中の商品をペロペロ舐めて、濃厚接触を試みているようですが、そもそもこの男性が感染している、いわゆる「陽性患者」かどうかはわかりません。

しかしながら、店内の商品に付着しているであろうウイルスを舐めているという時点で、この男性が健康体である保証もなく、危険極まりない行為ではあります。

いずれにせよ、この男性による動画は本人の思惑通り爆発的に拡散されましたが、彼が本当にばらまいた、唾液による感染者がいないことを祈りたいものです。

掲載元
https://www.dailystar.co.uk/news/latest-news/piers-morgan-slams-disgusting-little-21736369

画像掲載元:PIXABAY

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「店内にコロナを撒いてみた、不謹慎ないたずら動画に批判殺到