拉致問題といえば日本でも大きな問題として取り沙汰されるわけですが、とりわけこの問題が日本に限った問題ではなく世界各国で発生している人間界独特の問題です。ということではあるのですが、今回はそんな拉致問題に対するとんでもない保険があるということで話題となっております。一体どこからどこへの拉致なのでしょうか。

異星人拉致保険

おいおい、冗談だろ?といいたいところですが、こんな保険があるようです。

フロリダ州アルタモンテスプリングスにある会社「Saint Lawrence Agency」が、非常に興味深い保険を設立。その名も「異星人拉致保険」。

これは、文字通り異星人(エイリアン)などに拉致された際に降りる保険のようで、驚くべきことになんと既に6000人以上が契約しているということです。

金額は入会金、3000円弱をしはらい、年間1ドルだけでいいということです。この保険はFacebook等で拡散し、続々と入会者がいるということです。

年間1ドルということですが、既に6000人いるということはつまり年間600万円の売上が確定しております。

保険が降りることがあるのか

もし異星人に拉致されれば、なんと10億円近い費用が負担されるとのことですが、本当に拉致されることはあるのでしょうか。

実は既に2人に支払いが行われており、そのポラロイド写真もあるということですから驚きです。2人なら20億で、とても売上から支払えるものではない気もしますが、一体この保険のどこからどこまでが本当なのでしょうか。

ただしNASAが月の裏側にある古代都市を隠しているという噂もあり

これが現実味を帯びる日も来るのかもしれません。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/thousands-pay-alien-abduction-insurance-18786822

画像掲載元:写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「フロリダの「10億円」の拉致保険の内容がヤバ過ぎると話題に!その内容は・・・