台風19号が南鳥島近海で発生しました。未だに台風15号の爪痕が残る地域も多く、これ以上台風のみならず雨すら降って欲しくないという住民の方も多いことでしょう。進路によっては日本に接近する恐れもあることから今後の情報を注視して置く必要があります。場合によっては、せっかくの3連休に日本列島直撃するかもと不安の声もネット上で聞かれています。

台風19号が発生

熱帯低気圧が台風第19号になりました。
台風は1時間におよそ25キロの速さで西へ進んでいます。
中心の気圧は1000ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は18メートル

引用 https://www.nhk.or.jp/kishou-saigai/typhoon/

現在の時点で中心気圧が1000ヘクトパスカルとなっており、72時間後の9日3時には中心気圧は930ヘクトパスカルになる予想となっている事から、もしこの台風が日本に直撃した場合とんでもない被害が予想されるのではないかとネット上では今から恐怖に震える声も聞かれます。

「猛烈な勢力で3連休に近付くおそれってマ!?」「台風19号直撃とかマジで笑えない」「台風19号めちゃやばやんけ」「来週三連休、九州に接近、上陸の恐れあり。」「日本列島からそれてくれたらいいけど」とネット上ではコメントも。

台風19号が日本を反れれば韓国を直撃するコースとなってしまい、先日の強力な台風17号は韓国を直撃し韓国国内に甚大な被害をもたらしたばかりなので、日本を直撃しても韓国を直撃しても、まだ前回の台風の被害が収まっていないところにまた新たな台風がやってきてしまうという台風の連鎖被害が起こりそうな状況となっています。

画像掲載元 Pixabay

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「台風19号の進路がヤバい!3連休に日本直撃かとネットで不安広がる。