お盆といえば、実家に帰ってゆっくり羽根を伸ばす。時には子供の頃に戻ったかのような、そんな気持ちで休みを愉しむなんてことはあるのかもしれませんが、そんな思い出が今年はどうやら作ることができないのかもしれません。なんとお盆にやっぱりあの台風が直撃しそうなのです。

台風10号がやっぱり日本を直撃!

ということで現段階の台風の進路を見てみますと、なんと15日〜16日というまさにお盆真っ只中の最中に日本列島に上陸する見込みです。今の所四国に上陸する予定ではありますが、予報円が大きいので、その中のどこに上陸するのかはわかりません。

ただし、関東に上陸する恐れはなさそうで、どちらかといえば西日本はどこに上陸しても割と厳しい状況となりそうです。

中心気圧は965hpa・強い台風というカテゴリであり、このまま仮に直撃すれば災害は免れません。

ちなみに精度の高いとされるアメリカ海軍の予報では・・・

やはり四国を狙う予定です。

しかし安心してはいけません、その後の進路が未定で場合によっては急に東に進路を変えるなんてこともあるのかもしれません。そうなると日本列島全体が飲み込まれる恐れもあります。

以前予報していた最悪のシナリオが現実になりそうな状況

上陸時の台風の気圧などの勢力にもよりますが、いずれにせよこの台風の進路には警戒が必要になりそうです。

画像掲載元:GAHAG

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「台風10号「最悪のシナリオ」でお盆を直撃!日本列島大荒れの盆休みか!?