本日は台風が上陸し、日本列島は大荒れになる・・・という印象の強い予報であり、当然のことながら、花火大会などのイベントは中止され、そしてもっと言えば「家族旅行」なども中止せざるを得ない状況です。ところが、蓋を開けてみれば台風はどこへやら、晴天まで拡がる地域もあるようです。

予報では太平洋側で大荒れ・・・

事前の予報では、台風の進路上にある太平洋側・東海・関東に関しては27〜28日にかけて大荒れの見込みです。雨風ともに強く吹き、注意を喚起しておりました。

そのため、該当する地域にあるイベントごとは中止になるところも多く、安倍川花火大会などは2連連続の中止とせざるを得ない状況になっております。

ところが・・・

蓋を開けてみれば「晴天」

蓋を開けてみればなんと晴天。しかも梅雨時期ということにも関わらずこの青空はびっくりするほどではあります。

気象庁の予報と、実際の天気の乖離が激しく、そして旅行などを計画していた人はキャンセルを余儀なくされる。この状況に怒りを覚える方も多いようです。

なぜここまで外れたのか

なぜここまで予報がはずれたのか。

実は、ハズレではなく、台風は発生し三重県上陸をしております。つまりあたっております。ただ、台風の規模や進路によっては全く影響の受けない地域もあり、その予測は現代の技術ではまだまだ100%とは言えません。

したがって、大方予測はできるものの、確実とは言えず、確実とは言えない場所に限っては万が一のことを踏まえ、予め危険を知らせておくのが無難です。

昨日はかなり大荒れになる見込みが発表されておりました。

ということで気象庁から過去の災害状況を鑑みて「安全ですよ」とも言いきれないこの状況は、色々と察してこちら側で判断するしか無いのかもしれません。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「気象庁の予測が「ハズレ過ぎる!」台風と予報も「晴天」に怒りをぶつけるネット民続出