2020年に開催される東京オリンピック。ボランティア募集には数多くの批判が噴出していますが、運営に参加できる貴 ...


2020年に開催される東京オリンピック。ボランティア募集には数多くの批判が噴出していますが、運営に参加できる貴重な体験であり選手との距離も近く無償でも進んで行いたいと思っている人が多いのも事実です。しかし、ボランティア人数が11万人と非常に多いことから、果たして集まるかどうか不安な面もあります。ブラックボランティアなどと揶揄されてしまっていますが、小池百合子東京都知事がこれについて反論をしています。

何をもってブラックだと言うのか分かりません

きっとブラック企業の社長の考えってこのような思考なんだと言うことを東京都知事自ら教えてくれたような気がしますね。

小池都知事によると、ブラックでない理由を次のように述べています。

ボランティアへの待遇は過去大会と比べても遜色ない物になっている

「私の若い頃、昔はこうだったから現代の若者もこうあるべきだ。」という老害そのものの考え方を押しつけられてしまった感が否めません。

また、酷暑の懸念もあり、毎日警報が出ていて命の危険があるかも知れない場所で働かなければならないことも批判されてしまう一因です。

東京オリンピックボランティア募集について、究極に的を射ている動画も話題となりました。

何かと問題が噴出している東京オリンピックですが、果たして11万人のボタンティアは集まるのでしょうか。

画像掲載元 Wikipedia

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「東京都知事がボランティア募集から教える究極のブラック企業の社長的思考。