熊本地震の際に「ライオンが動物園から逃げ出した」という情報が拡散、結果的にそれは嘘とわかり一件落着となりました。このように緊急事態や有事の際は「デマ」が拡散されやすいのはもはや承知のとおりではございまして、いかに我々はそれを防ぐことができるかが重要です。そんな中またこのようなツイートが話題となっております。

ティラノサウルスが街を徘徊している

新型コロナウイルスの影響を受け、スペインでは、16日に国境が封され、国民4700万人は、出勤・食料品買い出しなどの必要最低限の行動以外の外出が禁止されております。

つまり、遊びで外に出ることは許されないわけです。そんな中、どうしてもゴミを出したいということなのか、あの暴れん坊で有名な恐竜「ティラノサウルス」が街を徘徊しているのです。

なんだ、ティラノサウルスか。ティラノサウルスなら人間じゃないから大丈夫だね。ティ!ティラノサウルス!?

こちらが目撃されているティラノサウルス。たしかにどう見てもこれはティラノサウルス。間違いない、街の中を徘徊しているし、現在バズっているという点では過去の動画でもなんでも無い、正真正銘、ティラノサウルスが街をウロついているのです。

また、買い物にでかけるティラノサウルスも目撃されております。つまり、人間じゃなければ、外出はOKということなのでしょうか。

うそでしょ!そんな抜け道ありなのか、それ以前にそこまでして!?と思うのかもしれませんが一体どういうことなのでしょうか。

ティラノサウルス出没に、警察出動する

このいわゆる「替え玉」問題に対し警察は粋なツイートでティラノサウルスを紹介。

ペットは、人間と同伴して街を歩くことが出来ます。
ただし、ティラノサウルスコンプレックスを持つ方は対象外です

彼が、ティラノサウルス症候群なのか、コンプレックスを抱えた人なのかはわからないものの、人間以外の動物が、街を歩くことができるのは、人間と同伴している場合のみですので、いずれにせよこのティラノサウルスが違う意味で、危険にさらされるのは間違いないでしょう。

EUでは恐れていた事態が発生しておりますが

緊急事態宣言が発令されたら、日本でも外出禁止令が出るのでしょうか。

画像掲載元:写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「スペイン、コロナの影響でティラノサウルスが街を徘徊する騒動が発生。