この非常事態にマスクを転売をするとは何事だ。怒涛のクレームが殺到しておりますのは、静岡県議会議員である「諸田洋之県議(無所属)」さんです。報道によりますと、諸田議員は、インターネットオークションにマスクを転売した疑いが持たれておりますが、それは転売ではないと否定しているようです。

マスクを大量出品するも・・・「転売ではない」

問題となっておりますのは、静岡県議会議員である諸田洋之県議(無所属)が、マスクをインターネットオークションに大量出品し転売していた疑い。しかしながらこの問題に対して当の本人である、諸田議員いわく

諸田氏は取材に対し、出品を認めた上で、出品したマスクは自分が仕事で仕入れた在庫品だと説明。「転売品ではなく、問題ない」と主張した。

引用:アットエス
https://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/744250.html

つまり、自分で仕入れた商品なので、転売に当たらないと主張。しかしながら問題はそこではなく、この非常事態のなか、本来ならばマスクを出品するのではなく、県民に分け与えるべきではないかと、県民からも怒りのクレームが殺到しているのです。

公式ツイッターに怒りのクレーム殺到

公式ツイッターの最新投稿には、県民からの怒りの批判が殺到しております。中には「県民として恥ずかしい」「病院に寄付するなどできたのに」など、切実なるコメントも寄せられております。

諸田議員はこれにより、数十万円の利益を得ていたという報道があるようです。

本人の言うように転売はしていなかったのかもしれませんが、残念ながらその奥に潜む、邪な下心はマスクでは隠せなかった模様です。

画像掲載元:秒刊SUNDAY

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「マスクを転売ヤーした静岡県議、県民から怒涛の批判殺到