2020年はいよいよ東京オリンピックが開催されると言う事で、今からワクワクしている人も多いことでしょう。東京オリンピックと言えば1964年に開催されたことをきっかけに、10月10日がスポーツの日(現在の体育の日)として制定され今日まで国民の祝日として制定されてきました。現在はハッピーマンデーで10月の第2月曜日が体育の日に制定されますが、なんと2020年は体育の日が消滅してしまうと言うのです。

10月10日は体育の日!

現在は祝日は月曜日に移動させて3連休にする「ハッピーマンデー」方式によって、2019年の体育の日は10月14日の月曜日になります。

体育の日は10月唯一の祝日と言う事で、社会人の皆さんが体を休めることができる貴重な祝日です。

しかし来年は東京オリンピックが開催されることで、この体育の日を10月からオリンピック開会式の7月24日に移動、更に体育の日から「スポーツの日」に名称が変更される事が発表されています。

この事から2020年は7月23日(木)から26日(日)の4連休が実現する事となりますが、貴重な10月の祝日がなくなってしまうことにサラリーマン達が阿鼻叫喚する事態となりました。

10月に貴重な祝日がなくなる!

「悲報、体育の日は消滅」「10月は祝日がありません。」「来年は祝日のない月が6・10・12月の3ヶ月もある」とネット上では社畜達が悲報にくれている様子が伺えます。

とはいっても、4年に一度のオリンピック開催が東京で行われると言う事で楽しみにしている人も多いのは事実です。

チケットの抽選に外れた方も多いとは思いますが、2020年限定の7月のスポーツの日を楽しみましょう!

画像掲載元 写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「今年で体育の日がなくなる!?2020年は10月の祝日がゼロになり社畜が嘆く事態に