北朝鮮からの飛翔体が速報で流れることが当たり前のような感じになってきていますが、慣れてはいけない由々しき事態であることは間違いありません。10月31日に北朝鮮から発射された飛翔体がありましたが、これは超大型ロケット砲であるのではないかという報道も。このロケット砲が成功すれば、着地点は焦土化してしまうというニュースも流れ緊迫した状態となっています。

北朝鮮、超大型ロケット砲の発射実験成功か

朝鮮中央通信は1日、北朝鮮の国防科学院が31日午後、「超大型」の多連装ロケット砲の発射実験を再び行い、成功したと報じた。金正恩朝鮮労働党委員長が立ち会ったかどうかは不明。北朝鮮が31日に日本海に向けて発射した飛翔(ひしょう)体を指すとみられる。

引用 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110100207&g=int

「指定された目標区域を超強力に焦土化することが可能となった」と報道もされており、北朝鮮の脅威が増し日本のみならず近隣諸国が戦々恐々としていることと思います。

しかし、どうやらお隣韓国はあまり問題視していないのでは?とヒゲ隊長こと佐藤まさひさ議員がつぶやいています。

韓国、大丈夫か?

このような事態に日米韓が協力しなければならない中、GSOMIA破棄のタイムリミットが迫っている事も問題視する必要があるのかもしれません。

ネット上では「いずれ南北はひとつになるから大丈夫と思ってるのでしょう。」「北は、現政権にとっては本音では、脅威や敵ではないという認識では。」「韓国はもともと大丈夫じゃないです。」とコメントも。

今回成功したとされる超大型の多連装ロケット砲の飛翔距離がどの程度なのかも気になりますが、

やはり北朝鮮と陸で続いている韓国こそが一番問題視すべきではないのかという意見も多く聞かれています。

画像掲載元:Pixabay

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「北朝鮮の無慈悲すぎる焦土化超大型ロケット砲成功に「韓国大丈夫か?」と不安の声