画像の中にたくさんの数字が並んでいます。数字は1から30まで連続して並んでいるように見えますが、実は1個の数字が抜けているので連続していません。「抜けている数字を見つけ出すなんて簡単!」と思ってしまいますが、探してみると意外と難しいものです。今回は抜けている数字を見つけ出す問題を4題準備しました。あなたはどのくらいの時間で抜けている数字を探し出すことができるでしょうか。

最初の問題です。少し数字を大きくしました。

数字が大きくなると、最初の画像よりも見やすくなったのではないでしょうか。さぁ、抜けている数字を見つけ出してください。

答えです。

抜けている数字は「26」です。簡単にわかってしまいましたか。次は、数字の数を増やしますよ。

2つ目の問題です。

今度は1から40までの連続しているように見える数字です。やはり、数字が1個抜けています。抜けている数字を見つけ出してください。

答えです。

抜けている数字は「28」です。数字が増えてくると探し出すまでにかかる時間が少し増えてくるのではないでしょうか。

3つ目の問題です。

今度は1から50までの連続しているように見える数字です。こちらも、数字が1個抜けています。抜けている数字を見つけ出してください。

答えです。

抜けている数字は「41」です。「41」という数字は抜けていて存在しないのに、1から50までの数字がすべて並んでいるように見えてしまうのではないでしょうか。

最後の問題です。

最後は1から59までの連続しているように見える数字です。こちらも、数字が1個抜けています。抜けている数字を見つけ出してください。

答えです。

抜けている数字は「53」です。数字の数が多くなったため数字を少しだけ小さくしていました。画面が数字でいっぱいになり、少しだけ見つけ出すのが大変だったのではないでしょうか。

最初の問題ができると、「きっと次も出来るはずだ!」と思ってしまい、次の問題、次の問題と進んでいきたくなりませんか。答えがわかってしまうと、もう同じ問題に挑戦しても楽しくないですが、お友達に出題して楽しむことはできます。また、何かの紙に数字を書いてお友達と問題を出し合うということなどもできるかもしれません。

パズルには色々な種類の問題が多数あります。「パズル」の記事一覧 で、他のパズルもお楽しみください。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「注意力鋭ければ簡単すぎる?!抜けている数字を見つけ出せ!