1728円あれば、正直かなり良いご飯を食べられますよね。このトップ絵のようなステーキでも食べられますし、ランチだったらかなり選び放題過ぎるお値段ですがそんなお高めなお値段でも食べてみたいと思わせる広告と、そして実物とのギャップが激しすぎる小田急の素敵ステーキサンドが話題になっていました。なんだかこれ、既視感があるぞ...?

小田急百貨店「素敵ステーキサンド」

なにこの「超絶貧乏な芸人さんとかが頑張って作った一口サイズのお手軽サンド」みたいなの。原価とかあまりかかっているようには見えませんが...これ一つでまさかの1728円!?178円とかじゃなくて!?

ちなみに広告だととても美味しそう

これはたしかにボリューミーだし、なんならおおきめのおにぎりくらいのサイズに見えます。実物と違いすぎ!

マジでこれ一個でこの値段らしい

これ渡されたら「...試食かな?」ってなっちゃいますよ普通。少なくとも3つか4つ(それでもせいぜい700円くらいにしてほしいけど)ついてないと...

あの伝説のおせちを想起させる

バードカフェのおせちでグルーポンが謝罪したあまりにもあんまりなおせちと同じ...!最初に感じたデジャヴはこれでしたね。

ちなみに懐かしのバードカフェおせちはフィギア化しております。素敵ステーキサンドもそこを目指しているのでしょうか...?

画像掲載元:写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「1728円の小田急の素敵ステーキサンドがもはやギャグの世界だと話題に!