外出自粛要請によってテレワークに移行した人も多いことでしょう。それによって増加したのが、オンライン会議やオンライン飲み会です。そのため、仲間同士や見ず知らずの人とオンライン上で顔を合わせる機会が増えています。そんな中、言われれば納得してしまう僧侶がオンライン会議に向かない理由が話題になっています。

坊主

僧侶といえば、やはり坊主頭を思い浮かべる人が多いんじゃないでしょうか。最近では髪を生やす人を見かけることもありますが、まだまだ少数派でしょう。そんな僧侶の人たちがオンライン会議をしたらどんな状況になるのか想像したことがあるでしょうか。

僧侶はオンライン会議に向かない

ある僧侶の方がオンライン会議に挑戦したところ、画面上に映し出される大勢の坊主姿に、もはや誰が誰だか識別不能になってしまったようです。「顔の印象は髪で9割」と言う言葉を改めて痛感したようで、これによって今後の僧侶の髪型も改められるかもしれませんね。

ネットの反応

言われると想像できてしまう状況に笑ってしまう反応が寄せられています。額に名前や番号などを書いて識別する名案をしている人もいるため、坊主頭の集まりを予定している人はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

一方世界遺産の仁和寺の僧侶は、コロナショックでとんでもない事をしでかしたと話題になりました。

画像掲載元:写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「言われれば納得、僧侶がオンライン会議に向かない理由が話題に