画像の中に2枚の白いカードが並んでいます。それぞれのカードの中には、11文字のアルファベットが散らばっています。よく見ると同じアルファベットでも、使われている色は微妙に異なっています。しかし、1種類のアルファベットだけは同じ色で構成されています。あなたは、10秒で同じ色で構成されているアルファベットを見つけ出すことができるでしょうか。

回転しているアルファベットを元の状態に戻してみましょう。

2枚のカードを眺めていると、次から次へと別の文字が視界に入ってきて、何だか頭の中が混乱してきてしまいます。見分けやすくするために、それぞれのアルファベットを回転していない元の状態に戻してみましょう。

この状態ですと、ほんの少しですが見分けやすくなります。同じ色で構成されているアルファベットを見つけ出すことができましたか。

アルファベットの配置を同じにしてみましょう。

左右のカードに描かれているアルファベットの配置を同じにしてみました。このように配置すると、同じアルファベットを簡単に見比べることができます。もうおわかりになりましたか。

それぞれのアルファベットを整列させてみましょう。

それぞれのアルファベットを、もう少し比べやすくするためにきちんと整列させてみました。これでアルファベットを1文字ずつ比べることができます。

異なる色で構成されている文字に斜線を引きました。

左右のカードの左上には、アルファベットの大文字「E」があります。「E」には違いありませんが、使われている色やその構成は異なっています。その他のアルファベットについても確認をして、色の構成が異なっているアルファベットに斜線を引きました。残っているアルファベットは...。

答えです。

色の構成が同じであるアルファベットは「T」でした。

画像を初めて見た時には、色々なアルファベットがちらついて、色の構成が同じアルファベットを見つけ出すことが難しかったのではないでしょうか。

最初の画像を見てすぐに答えられる人はやはり天才なのではないでしょうか。

今回の問題では識別能力の高さを確認することができそうです。識別能力というのは、見たものの中から必要な情報を選別する脳の働きのことです。

今回のような問題をまた出題しますね。「パズルの記事」一覧 の中には色々な種類の問題があります。どうぞお楽しみください。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「10秒で出来たら天才かも!左右のカードから同デザインの文字を探す問題!