image:ぱくたそ

よほどの倹約家でもない限り、衝動買いをしてしまうという方は多いかと思います。かくいう筆者も絶対に使わないだろうっていうモノでも、思わず通販でポチってしまうことも少なくありません。もちろん買い物をためらうこともあるのですが、大人になってから買い物をためらう理由が「あるある」すぎると話題になっています。

大人になると買い物をためらう理由が「値段」ではなくなる

そうなんです、買い物にブレーキをかける原因は値段ではなく「置き場所」になってくるのです!

一人暮らしを始めてもワンルームでは置ける場所が限られますし、結婚や同棲をすれば2人分の荷物が増え、家族がさらに増えれば増えた分だけ家が狭くなる。日本の住宅事情を考えれば、置き場所がなくて買い物を控えるというのは納得です。

ネットの声

やはり「わかる!」といった反応がほとんどのようです。

「Kindle」(電子書籍)も本当によくわかります!電子書籍だと「本棚に入らない」とか「これ以上モノを増やしたくない」という買わないための自分に対する言い訳を、一切無視して物欲が襲ってきます。これは非常にコワい。

更にブレーキを壊すと部屋の中が山脈になるというのは、筆者が身をもって体験している状態です。地震・・・いや、そんなものなくても雪崩ることなんて日常ですよね!・・・ね!

ちなみに筆者のクローゼットはこんな感じ・・・天井までパンパンです。

フィギュアのブリスターパックが意外と邪魔になるんです・・・コレクターとしては開けられないんですけど。

買い物をするときに置き場所を考えずに買うことが出来る人を羨ましいと感じる反面、お財布のことを考えると置き場所がないというブレーキは必要なのではないかと思った次第です。そう考えると、電子書籍やダウンロード版ゲームって便利なようで恐ろしい存在なのかも。

現状を鑑みてモノを増やしたくないと思っていた筆者ですが、こちらのゲーム&ウォッチ(スーパーマリオ)を秒で予約してしまいました・・・これなら置き場所の心配がない大きさですからね!と言いつつちょっとだけ後悔しています。

画像掲載元:ぱくたそ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「大人になってから買い物をためらう理由があるあるすぎると話題に