家で観葉植物をインテリアで育てているという方は多いかと思います。せっせと水をやり、日光に当てて育てる。これに何の意味があるのかはさておき、何かを成長させるというのは自分にとっての成長でもあったりするわけです。そんな中こちらの観葉植物を育てていた人がとんでもない事実が発覚したようです。

育てていた観葉植物実は・・・

ということで話題となっておりますのは、こちらの観葉植物。いわゆる多肉植物で、日本ではクリスタルローズなどとも呼ばれているよく見るやつですが、これにどんな秘密があったのか。

これを育てたWilkesは、2年間、植物に適度に水をまいて、せっせと日光にあてて、葉を美しくすることに心がけていたようです。

しかしそんな2年目に衝撃の真実が発覚。なんとこの観葉植物は、実は「造花」だったのです。つまり本物ではなくフェイク。

この話は一躍Facebookで話題となり世界に拡散していったのですが、実はこの嘘のような話は結構あるようで、お婆ちゃんが間違えて造花を健気に育てていたという話はよく聞くようです。

彼女いわく、見た目が完全に美しくまるでプラスチックのようだった

と話しているという。たしかに美しい。これは間違えても仕方がないのかもしれません。

一方、こちらは非常に見た目がアレ過ぎるサンドイッチも話題になりましたが

今後も大切に育ててほしいものです。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/devastated-woman-discovers-plant-shes-21621016

画像掲載元:PIXABAY

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「この観葉植物に隠された衝撃の真実に世界が震撼