ご年配の方のとんでもない事故や考えもつかないような危なっかしい運転。最近はものすごい頻度で聞くようになりました。それでも世代的にまだまだ運転できる=免許返納はしないと思っているご老人は多いようです。しかし、こういった老人に話を聞くとものすごくゾッとする事を言ってたりするそうで...

普通じゃ有り得ない挙動

ご年配の方にものすごく多いのは全く自覚のないミス。そしてなぜか平気で車のせいにしようとするその心持ち。当然、そんなモンスターに車を運転させるなんて凶器を自覚なく振り回しているようなとんでもない事です。

この方のお爺さんも、唐突に運転できなくなって免許を返納したそうです。一日3か所もぶつかってくるなんて恐ろしすぎる...ぶつかったのが人じゃなくて本当に良かったですね。

他人は報告しにくいもの...

そうですよね。実際に若者だろうが中年だろうがものっすごい危ない運転する人は沢山いますし、他人から言われれうのは気分が良くないという人も多いものです。

「車が勝手に暴走した」ってこういうことか...

老人ならではの自覚ない暴走。恐ろしいですね。

老人にぶつかられたという人も

以前に年代別、自分は運転が上手いと思うというグラフ、割合は30代が一番低く、次いで20代、40代、50代、60代、70代とあがっていた傾向にあったので、何故か自分に限って大丈夫という人が多いんでしょうね。今の老人世代は。

言い方を工夫してみるとかで、気持ちよく返納問題も解決していけると良いですね。

画像掲載元:写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「駐車場で挙動がおかしい「老人の乗る車」があったので様子を見に行った結果とんでもない事が...!