人気絶頂の中、惜しまれつつ欅坂46を卒業した織田奈那さん。静岡県浜松市出身と言う事で、地元愛あふれる様子に地元でも応援していたというファンの方も多かったのではないでしょうか。グループ卒業後は公に出ることはなくなってしまいましたが、なんと現在でもアノ活動を続けていることがわかりファンが歓喜する事態となったのです。

織田奈那、地元浜松市の親善大使に

元欅坂46の織田奈那さんは、地元浜松市の親善大使である「やらまいか大使」に、平成30年に委嘱されました。

欅坂46に所属していた当時にやらまいか大使に委嘱されたということで、もしかしたらグループを卒業してしまったことでやらまいか大使も卒業してしまったのかと寂しく思った地元ファンもいると思います。

しかし、TOKYO Girls' Updateに次のような記事が載り、やらまいか大使は現在も継続して委嘱されていることが判明したのです。

「特に申し出がなければ大使はそのまま継続してもらっている。今回もそのままお願いしようと思っています。今後も浜松の魅力を織田さん通じて発信してもらえるなら、こんなに嬉しいことはない」(浜松市観光・シティプロモーション課担当者)

引用 https://tokyogirlsupdate.com/the-future-of-keyakizaka-46-from-nana-odas-point-of-view-202002143353.html

実際に浜松市のHPを確認したところ、やらまいか大使一覧(平成30年度委嘱)のページに織田奈那さんの姿が確認出来ました(2020年3月14日現在)。

「やらまいか大使はまだ続けているらしいのでこれからも続けて欲しいです」「浜松市民羨ましすぎる」と、ネット上にコメントが寄せられていました。

同じく欅坂46を卒業した、アノ人の現在の姿がとんでもないことになっていると話題になりました。

画像掲載元 秒刊サンデー

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「元欅坂46の織田奈那(21)卒業後の現在、とんでもない事実が発覚ざわつく事態に