キリンレモン♪キリンレモン♪キリンレモン♪・・・と爽やかな歌声が人気の歌手、上白石萌歌さんによる、キリンレモンCMですが、このところものすごい勢いでヘビロテしているようです。やはり彼女の透き通った歌声は脳内に心地よく染み渡る。しかしながらどうやらそれが度が過ぎると良からぬ影響が出るようです。

上白石萌歌のCMとは

上白石萌歌さんのCMとは、キリンレモンが流している、キリンレモンCMです。彼女が「キリンレモン・・・・キリンレモン」と、まるで呪文のように歌い続けるもので、いわゆるサブリミナル効果のような状況を作り出します。

爽やかな歌声と爽やかな清涼感あるこのキリンレモンとマッチしたものではありますが、最近自粛モードということもあり、企業が続々とCMを落とし、代わりに、こちらももう何度も見飽きたトーン低めのACジャパンがヘビロテ。

そうなると、テンション高い歌系の「キリンレモンCM」が妙に気になってしまうわけです。

ネットでは「そろそろうざい」「耳につく」「ACジャパン並」などの声が寄せられております。

2011年東日本大震災の際は、「ACジャパン CM あいさつの魔法。」がやたらと連発し、あの歌のパロディが作られるほど、逆に人気になりました。

その結果ACジャパン=有事の際に流れるCMとして定着し、今回はさだまさしの「にゃんぱく宣言」がネットでも話題となっております。

はたして上白石萌歌さんのこのCMは、この苦境を乗り切り、「あいさつの魔法」のように、みんなに愛されるものになるのでしょうか。

期待が集まります。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「上白石萌歌のキリンレモンCMが、AC並に洗脳されると話題に