今なお、話題になっている吉本興業の闇営業問題だが、宮迫博之が吉本の先輩芸人である明石家さんまに胸を借り、クリスマス恒例のバラエティー番組「明石家サンタ」(フジテレビ系)で復帰するのではないかと言われている。早くも持ち上がった復帰報道に、ネット上では宮迫に対して厳しい声があがっている。

クリスマスの復帰が確実視か

“闇営業問題”で吉本興業から契約を解消された「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が、8日発売の「週刊文春」のインタビューに答えて、「さんまさんについていきます」と明石家さんま(64)のもとで再起を図る考えを明かした。すでにさんまも受け入れを表明しており、実現は時間の問題だ。そうした流れで、注目の復帰の場はクリスマス恒例のバラエティー番組「明石家サンタ」(フジテレビ系)が確実視されている。

宮迫は、吉本興業の大先輩である、明石家さんまのもとで芸能活動の再開を目指す考えのようだ。しかし、テレビに復帰する場合は、視聴者やスポンサーからの見られ方が重要になってくるが、早期の復帰実現は叶うのだろうか。引用元:https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1504041/

ネット上では厳しい声があがっている


ネット上では厳しい声や、怒りの声があがっている。現状では批判的声が多数を占めているが、宮迫の早期復帰は実現するのだろうか。
先日、久しぶりにツイッターを投稿した際は応援のコメントが多く寄せられていたが、今後、変わりやすい風向きを良い方向に持っていけるか注目だ。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「宮迫博之が明石家サンタでテレビ復帰確実視か。ネット上では「ほんまのカス」などの声があがる!