人間の体の中には様々な臓器や骨がありまして、普段それらをなかなか見ることはないものの、理科の授業やテレビなどで知ることが出来ます。ただし自分の臓器をリアルタイムで見ることはなかなかなく、見るとしてもそれはかなり危機的状況である際なのかもしれません。そんな中、こちらのニュースが話題となっております。なんと18年間も体の中に入っていたようです。

18年間も鼻の中に潜んでいたぞ

こちらは、オーストラリアの正体不明の男性が鼻に異物を感じ、激しい頭痛と腫れにより病院に駆け込みCTスキャンをしたところ、鼻の奥に、とんでもない異物が入っていたというニュースです。

経緯を探ると、謎の男性は以前彼のガールフレンドから謎のゴム風船を与えられそれを飲み込んでしまったと告白。しかしそれは実際に飲み込んだのではなく、鼻の奥に突き刺さっていたようです。

そしてその物体なのですが、どうやら「マリファナ」だったということです。つまり、男性はマリファナ入のゴム風船を彼女に入れられ以後18年間それは人知れずひっそりと身を隠していたということになります。

この結果、彼が薬物の所持にあたるのか、それとも飛行機に乗った場合密輸になるのか、その辺は気になるところですが、その彼女の行動もなかなかのものですね。

そもそも彼女の目的は何だったのか、想像すら難しい。

中古車を買ったら車の中からとんでもないものがでてきた話も怖いですが

海外で女性に鼻に何かを入れられないかは注意したいところですね。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/world-news/cannabis-filled-balloon-found-up-20745686

写真撮影:たまちゃん

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「18年間も鼻の奥に埋まっていた謎の異物が発見されその正体が衝撃すぎる