曰く付き物件というものは、日本にも多く存在しその数々が「大島てる」と呼ばれる、キュレーションサイトに集約されます。それを見て判断するもよし、むしろ知らないほうが幸せであるという考えのもと、あえてサイトを見ないのもよし。とにかく世の中は曰く付き物件で溢れております。そんななか、こちらの投稿が話題です。

とんでもない鍋を掘り起こしてしまった・・・・

ということで、こちらが問題となっている写真です。これは、オーストラリア・ブリスベンに暮らす女性ケリーが、新しい家に引っ越した際に発見されたものであり、なんとも不気味なものです。

鍋のような計上をしており、周囲には棺桶やお墓などの装飾品があしらわれている実に不気味な「鍋」であり、言うならば、魔女がなにかヤバい薬を調剤する際に使われるようなすり鉢のようなものを連想します。

ここの住人はかつて、黒魔術でもやっていたのでしょうか。それを知らずにこの家を購入してしまった彼女は、実に不愉快極まりなく、Facebook等に画像を投稿したところ「怖すぎる」と拡散。エラい騒ぎとなっております。

前の所有者に連絡したところ意外な結果に!

ということで、現在の所有者は以前の所有者に連絡し、詳細を問い詰めたところ意外な事実が判明!以前の所有者によるとこれは・・・

実は、以前息子が何年も前に高校で陶芸をし、その「がらくた」を家に持ち帰ってきた

と話しているとのこと。

つまり、前所有者の息子の学校の制作物だったようで、不気味だったからか庭に埋められたという経緯のようです。

絶対に見つめてはいけない怖い絵も話題ですが

今回実に迷惑であり、そして学校での制作物を埋められた息子もショックかと思いますが、それにしてもなぜこんな不気味なモノを作ろうと思ったのか、その辺が謎ではあります。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/woman-finds-terrifying-cursed-object-17794292

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「閲覧注意!購入した物件「とてつもなくヤバい物」が出土!その正体実は・・・