筆者の住む札幌にコメダ珈琲店が出来たのは、実は4年前の2016年。新しもの好きでミーハーな札幌民はこぞってコメダに行きました。そして事前にコメダの情報を「コーヒー屋」「シロノワール美味い」くらいしか得ていなかったため、最初はみんな商品をたのみすぎて「食べきれない...」となっていました。そんなコメダの良い意味での異常さがわかる画像が話題になっておりました。

ここ最近、勢いのあるコメダ

シロノワールがSNSでバズったあたりから「モーニングがお得」「サンドイッチデカすぎ」「メニューより盛りが良い逆詐欺」「コメ牛」などなど、近年幾度もネットを賑わせてきたコメダ珈琲店。確かな勢いを感じます。

コメダは元々サービス精神旺盛

カツカリーパン、どう見ても一切れでお腹いっぱいになれそうなくらいの大きさです。コーヒーもとんでもない量。

時にはメニューよりも盛られてしまうというほど。新宿などによく出来ては潰れるメニュー詐欺居酒屋とは真逆の戦略です。

マックとの比較画像

マクドナルドのハンバーガーが決して小さいわけではありません。むしろ丁度良いサイズでしょう。それにしても、隣に置かれるとコメダのハンバーガーの異常さが際立ちます。優に倍くらいあるでしょコレ。

Twitterの反応

本当に、二つ分くらいの大きさなので半分で意外とお腹いっぱいになっちゃうサイズ感。

メニューよりも盛りが良いというサービス精神を知らずに頼むととんでもない事に。メニュー通りでもデカいんですけどね。

最近ではコメ牛が話題になっておりますが、これは(大食いの人にとっては)コメダしか勝たんという事で良いですね。

画像掲載元:写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「コメダの異常さがわかる比較画像が話題に