日本の初めてのベスト8進出がかかったラグビーワールドカップ。中止になれば引き分け扱いで勝ち点2となることからベスト8進出が決定しますが、やはり選手もファンも、試合をして勝って欲しいという思いが強いですね。そんな中避難勧告も出ている台風19号が近づく日本列島ですが、冠水したグラウンドで前日練習をする選手達が気概を見せつける事態となっています。

冠水したグラウンドで鬼畜練習!

グラウンドの脇はくるぶしまで水につかり、ロッカールームからグラウンドに続く花道は、膝下まで水没している状態だった。主将のリーチらは膝上までジャブジャブと水につかりながら、おそるおそる花道からグラウンドに出てきた。

引用 https://hochi.news/articles/20191012-OHT1T50061.html

試合の可否は13日の朝に決定すると言う事ですが、日本選手の心意気を見ていると絶対に試合は開催して欲しい!

そしてスコットランド戦に圧勝して堂々と胸を張ってベスト8進出を果たして欲しいと願うファンも多い事でしょう。

ボールが水に浮いて練習にならないながらも選手達が声を出して気合いを感じることから、明日は絶対に試合開催して貰いたいものです。

「ナイスガッツ」「こんな中でも練習するラグビー日本代表強すぎ」「勝ちを確信した」と言うコメントがある一方で、「ムリな練習はしない方がいい」「日本代表が練習しているんだから、室内で仕事ができるサラリーマンは出社すべきという鬼畜上司が現れる」という意見もネット上で見られました。

台風19号は、昭和33年に死者・行方不明者を1200人以上出した狩野川台風に匹敵する勢力とも言われており、被害が甚大になると予想されますがスコットランド戦にどのような影響が出るのかも気になるところです。

画像掲載元 写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ラグビー日本代表が冠水したグラウンドで鬼畜練習始める